www.joshibi.ac.jp

美術教育専攻のカリキュラム

1年次
美術全般の
実技力を高める。

水彩画やデッサンの実習を通じて、美術教員に欠かせな い基礎的な描写力と構成力を身につけます。さらに、油彩 画、日本画、デザイン、工芸などの専門的な技能も習得。 実技力と知識、両方を養いながら、質の高い美術教育を実践するための素地を整えます。

2年次
実技と理論の専門性を磨く。

1年次で身につけた基礎的な技術を土台に、油彩画、版画、彫刻などに取り組み表現力を高めます。美術教員に欠かせない教育理論、教育心理学などの知識を得ていくのもこの年次から。美術教員への道をより意識しながら、 実技と理論、両方の専門性を高めていきます。

3年次
作家・指導者として
専門性と個性を追求する。

油彩画、日本画、版画、彫刻の中からひとつを選び、より専門的で自分らしい表現を追求。ひとりの作家としての表現力を磨きます。また、教育現場で役立てられる知識として、美術教育論や美術史、造形理論なども習得。教員採用試験対策も本格的に行います。

4年次
作家性と指導者としての能力
両方を突き詰める。

これまでに身につけたことの集大成となる作品を制作します。ここで作家活動に打ち込む経験を得ることは、美術教員として「創作の楽しみや喜び」を伝えていく原動力になります。また、2週間にわたる教育実習により、指導教員のもとで実践的な教授法を身につけます。

美術教育専攻のカリキュラムの様子

美術教育専攻で学べること

水彩画/デッサン/油彩画/日本画/デザイン/版画/彫刻/工芸/造形理論/芸術心理学/美術教育理論/美術史など

卒業後の進路

美術教員、美術館学芸員、社会福祉関係職員、公務員など