www.joshibi.ac.jp

立体アート専攻のカリキュラム

1年次
5つの基本素材の扱い方を学ぶ。

立体造形の基本である「粘土」「紙」「木」「石」「金属」への理解を深め、基本的な扱い方を学びます。同時に、粘土で頭像、トルソーなどをかたちづくり、基礎的な造形力を磨きます。デッサンなどを重ねながら、立体を観る目も養っていきます。

2年次
さまざまな素材を体感し
表現の幅を広げる。

基本の5素材に加え、天然繊維や化学繊維などさまざまな素材を実際に加工して作品をつくり、表現力や造形力に磨きをかけます。多様な素材・表現方法を知るなかで、自分が好きなもの、表現したいものを見つめ、自らに適した素材を探ります。

3年次
ひとつの素材を選び
専門性を高める。

「粘土」「紙」「木」「石」「金属」の中から、自らの表現にふさわしい素材をひとつ選択。素材について深く探究し、自在にかたちをつくる技術をさらに磨きます。あわせて自己との対話、教員との対話を通じて自分らしい表現を模索。自身の方向性を少しずつ定めていきます。

4年次
作家としての核を築き
社会へと発信する。

4年間の集大成となる卒業制作を手がけます。自由度の高い制作を経験することは、作家としての立ち位置を明確にし、作品をつくり続けていく原動力にもなります。ひとりの作家として核となるものを築き、社会へ発信していきます。

立体アート専攻のカリキュラムの様子

立体アート専攻で学べること

塑造/木彫/木工/石彫/金属彫刻/紙/フェルト/バスケタリー/レリーフ/デッサン/ジュエリー/ブロンズ鋳造/樹脂制作など

卒業後の進路

彫刻家、造形作家、美術教員、舞台美術家、自動車デザインモデラー、ディスプレイデザイナー、ジュエリーデザイナー、アニメーション制作、キャラクター制作、TVアシスタント、フィギュア原型師など