www.joshibi.ac.jp

大学芸術学部の学費

(初年度納入金 2019年度参考)
単位:円

科目 学科 美術学科 デザイン・工芸学科 アート・デザイン表現学科
専攻・領域 洋画 日本画 立体アート 美術教育

芸術文化
ヴィジュアルデザイン

環境デザイン
プロダクトデザイン

工芸
メディア表現

ヒーリング表現

ファッションテキスタイル表現

アートプロデュース表現
1 入学時納入金 1,067,260 1,053,760 1,069,760 1,053,260 1,059,160 1,063,160 1,073,260
内訳 入学金 220,000 220,000 220,000 220,000 220,000 220,000 220,000
授業料 599,000 599,000 599,000 599,000 599,000 599,000 599,000
施設設備料 180,000 180,000 180,000 180,000 180,000 180,000 180,000
実習料 33,100 19,600 35,600 19,100 25,000 29,000 39,100
維持費 25,000 25,000 25,000 25,000 25,000 25,000 25,000
学生教育研究
災害傷害保険
4,660 4,660 4,660 4,660 4,660 4,660 4,660
学友会費 4,500 4,500 4,500 4,500 4,500 4,500 4,500
ニケの会会費 1,000 1,000 1,000 1,000 1,000 1,000 1,000
2 後期納入金 837,100 823,600 839,600 823,100 829,000 833,000 833,100
内訳 授業料 599,000 599,000 599,000 599,000 599,000 599,000 599,000
施設設備料 180,000 180,000 180,000 180,000 180,000 180,000 180,000
実習料 33,100 19,600 35,600 19,100 25,000 29,000 29,100
維持費 25,000 25,000 25,000 25,000 25,000 25,000 25,000
年額納入金
1+2
1,904,360 1,877,360 1,909,360 1,876,360 1,888,160 1,896,160 1,906,360

※次年度以降の学費については、社会経済情勢等に応じて改訂されることがあります。

※アート・デザイン表現学科の実習費については、個人用のノートパソコンに関する経費を含みます。なお、4年間在学した学生 には、卒業時に譲渡します。

※学生教育研究災害傷害保険には、インターンシップ・教職資格活動等賠償責任保険を含みます。

※後期納入金の納入期日は、入学年度の10月5日となります。

短期大学部の学費

(初年度納入金 2019年度参考)
単位:円

科目 造形学科
1 入学時納入金 1,001,430
内訳 入学金 200,000
授業料 557,000
施設設備料 180,000
実習料 31,500
維持費 25,000
学生教育研究
災害傷害保険
2,430
学友会費 4,500
ニケの会会費 1,000
2 後期納入金 793,500
内訳 授業料 557,000
施設設備料 180,000
実習料 31,500
維持費 25,000
年額納入金
1+2
1,794,930

※次年度以降の学費については、社会経済情勢等に応じて改訂されることがあります。

※学生教育研究災害傷害保険には、インターンシップ・教職資格活動等賠償責任保険を含みます。

※後期納入金の納入期日は、入学年度の10月5日となります。

大学院美術研究科の学費

(初年度納入金 2019年度参考)
単位:円

科目   博士後期課程 博士前期課程
専攻 美術専攻 美術専攻 デザイン専攻 芸術文化専攻  
研究領域 美術
デザイン
芸術文化
洋画
日本画
版画
工芸
立体芸術
ヒーリング
メディア
ファッション・テキスタイル
アートプロデュース
視覚造形
環境造形
色彩学 美術史
芸術表象
美術教育
1 入学時納入金 584,620 959,430 959,430 959,430 945,430
内訳 入学金 130,000 220,000 220,000 220,000 220,000
授業料 347,500 502,000 502,000 502,000 502,000
施設設備料 90,000 180,000 180,000 180,000 180,000
実習料 29,000 29,000 29,000 15,000
維持費 12,500 25,000 25,000 25,000 25,000
学生教育研究
災害傷害保険
3,620 2,430 2,430 2,430 2,430
ニケの会会費 1,000 1,000 1,000 1,000 1,000
2 後期納入金 450,000 736,000 736,000 736,000 722,000
内訳 授業料 347,500 502,000 502,000 502,000 502,000
施設設備料 90,000 180,000 180,000 180,000 180,000
実習料 29,000 29,000 29,000 15,000
維持費 12,500 25,000 25,000 25,000 25,000
年額納入金
1+2
1,034,620 1,695,430 1,695,430 1,695,430 1,667,430

※次年度以降の学費については、社会経済情勢等に応じて改訂されることがあります。

※本学芸術学部卒業生(見込生)および本学短期大学部卒業生の入学金は2分の1とします。

※学生教育研究災害傷害保険には、インターンシップ・教職資格活動等賠償責任保険を含みます。

※後期納入金の納入期日は、入学年度の10月5日となります。

特待生制度

成績優秀な入学者を奨励するために特待生制度を設けています。
特待生として認められた方は、学納金のうち授業料の全額を減免します。
なお、合格発表と同時に通知します。

資格

大学芸術学部:一般入試A日程でのエントリー者のうち総合成績が基準点以上の成績優秀者上位2名以内
短期大学部:特待生入試の総合成績が基準点以上の成績優秀者上位2名以内

減免額

学納金のうち、授業料の全額

授与期間

修業年限の期間(大学芸術学部4年間・短期大学部2年間)

※入学後、毎年度終了時に在学中の学業成績および出席状況などにより、特待生としての資格を再審査します。

人数

大学芸術学部:2名以内
短期大学部(造形学科):2名以内

※入学後、毎年度終了時に在学中の学業成績および出席状況などにより、特待生としての資格を再審査します。

入学後の奨学金制度や、提携教育ローンについては、奨学金制度のページをご覧ください。

大規模自然災害被災学生授業料等減免制度

被災された皆様へ

自然災害により被災された皆様へ、心よりお見舞い申し上げます。
女子美術大学・女子美術大学短期大学部では、大規模な自然災害で被災し、経済上就学が著しく困難になった本学入学希望者に対し、審査の上、授業料等の減免により、就学を援助する制度を設けています。

2019.12.19公表
■対象災害:
①2019年6月6日から7月24日までの間の豪雨及び暴風雨(2019年台風3・5号)
による災害
②2019年8月13日から9月24日までの間の暴風雨(2019年台風10・13・15・17号)及び豪雨による災害
③2019年10月11日から10月26日までの間の暴風雨(2019年台風19・20・21号)
及び豪雨による災害

■対象地域:全国

■入学検定料(受験料)の免除措置について:
 免除措置を希望する場合は、出願時に以下の要領で申請してください。
 対 象 者 :被災された入学志願者
 対象入試 :2020年度入学試験(大学院・芸術学部・短期大学部全入試)
 申請方法 :以下の書類を出願書類に同封してください。
なお、Web出願のシステム上、登録の際一度検定料を納入していただく必要がありますが、免除申請書受理後に検定料を返還いたします。

※お支払の際の手数料は返還できません。
※検定料のお支払方法によっては返還手続きに2ヶ月以上を要する場合があります。

 提出書類 :
1.女子美術大学入学試験検定料免除申請書 (本学所定)
所定用紙は下記のPDFをクリックし、印刷してご利用ください。 
2.罹災証明書
※ PDFファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。
※お持ちでない方は下記のリンクをクリックし、ダウンロード(無料)してご利用ください。
※ダウンロードできない場合は女子美入試センターまでご請求ください。

■2020年度入学者に対する授業料(入学金含む)の減免措置について
 4月入学後被災状況に応じて、2020年度授業料(入学金含む)を減免いたします。
 希望される方は、入学後、担当窓口(学生支援センター)にて申請手続きを行ってください。

◇本件に関するお問い合わせ先
 女子美入試センター 042-778-6123
 

高等教育の修学支援新制度-授業料等減免・給付型奨学金-

2019.12.24公表
新たな授業料等減免と給付型奨学金(返還の必要がない奨学金)の制度が2020年4月から始まります。
2020年4月以降の入学生(大学院生及び留学生を除く)のうち住民税非課税及び非課税に準ずる世帯等であり、認定要件を満たす学生が対象となります。
制度の詳細については、以下のWEBサイトにてご確認ください(こちらの新制度における授業料等減免については、大学が受付窓口となります)。
※「高等教育の修学支援新制度」の授業料等減免は、原則として同制度における給付型奨学金と併せて申請することが必要です。
※在学生は各キャンパスの学生支援センターにお問い合わせください。

≪重要≫【受験生の皆様へ】
①学費の支払について
入学手続き時は、合格通知書に同封する「入学手続の手引き」に記載の「入学時納入金」全額を入学手続締切日までに納入していただく必要があります。

②授業料等減免申請書の提出について
本学に入学後、所定の申請手続きが必要となりますが、オリエンテーション期間中に開催する「奨学金・授業料等減免説明会」で詳細を説明しますので、必ず説明会に出席してください。

③学費の還付について
授業料等減免申請手続き後、減免対象であることが確認された入学者に対し、原則として減免相当額を還付いたします。

■制度の詳細について
下記のリンク先にてご確認ください。

■家計基準について
日本学生支援機構(JASSO)のWEBサイト「進学資金シミュレーター」で本制度の対象となるかどうかの目安が確認できます。
 

■申請書類
本学入学後、オリエンテーション期間中の説明会に出席の上、提出いただく予定となります。
※「大学等への修学支援の措置に係る学修計画書」は、学業成績等に関する基準を満たしていない方のみ提出が必要です。

◇高等教育の修学支援新制度に関するお問い合わせ先
学生支援センター(相模原) 042-778-6614  
学生支援センター(杉並) 03-5340-4507