www.joshibi.ac.jp

日本画専攻のカリキュラム

1年次
基礎力を高め
素材への理解を深める。

日本画の画材に親しみながら、対象物を的確に把握し、描写する技術を習得していく1年次。植物、風景、動物などのデッサンや写生を通じて、日本画制作のベースとなる基礎知識と造形力を身につけます。また、他専攻の実技も学ぶことで、幅広い視野と創造力を養います。

2年次
素材と技術を研究し
表現の幅を広げる。

描写力や造形力を高めながら、水墨表現の基本を集中的に学び、技術面、精神面の向上を図ります。絵具作りや紙漉きなどの素材研究や模写による古典研究も。さらに、他専攻の多様な材料技法も学び、自由で個性的な、現代の日本画を描くための土台をしっかり固めます。

3年次
客観的に自己の制作をとらえ
主題と表現の関わりを探る。

人体デッサン、人体制作、自由制作などの大作に取り組み、独自の日本画表現へと発展させていきます。また、古典技法の学習を深めることで、多様な表現技法や素材に関する知識も修得。日本画制作に対する視野を広げ、各自の表現のテーマを明確にします。

4年次
これまでの知識と経験を注ぎ込み
大作に挑む。

前期に100号の自由制作を2点、後期には卒業制作として自由なテーマで150号程度の作品制作を行います。教員と密な対話を重ねながら各自の発想を広げ、個性豊かな作品制作をめざします。これまでに蓄えた力を余すことなく発揮し、作家としての意識を高めます。

日本画専攻のカリキュラムの様子

日本画専攻で学べること

日本画/デッサン/水彩画/古典模写/紙漉/岩絵具実験製造

卒業後の進路

画家、造形作家、修復家、研究者、美術教員、学芸員、アートディレクター、デザイナー