www.joshibi.ac.jp

アートプロデュース表現領域のカリキュラム

1年次
美術全般に関する基礎力を養う。

アーティストの視点、アート作品への理解を深めることを目的に、美術に関する基礎的な理論を学び、実技にも挑みます。アートをプロデュースするために必要な基礎知識も習得し、美術館、学芸員、ディレクターの役割と、その可能性についても考察していきます。

2年次
幅広いアートに触れ
プロデュース術を探求する。

美術のみならず音楽、演劇、映像などさまざまな芸術表現に触れ、アートプロデュースに関連する理論や技術を吸収します。また、多様な分野のプロデュース手法を組み合わせることで、新たなプロデュース方法を探究。既成概念にとらわれない発想力を身につけます。

3年次
イベント制作を通じて実践力を養う。

アートイベント、コンサート、公演などを実際に企画し形にすることで、プロデュースやマネジメントの実践力を養います。また、イベント関係者などとの協働に必要なプレゼンテーション能力やファシリテーション能力も身につけ、社会での即戦力をめざします。

4年次
作家と作品を魅力的に伝える術を探求する。

3年次までに学んだすべてのことを踏まえ、学生が主体となってプロジェクトを企画します。ほかにも、他領域の学生とのジャンルを超えたコラボレーションを実践するなど、アーティストと社会の架け橋として、作品をより魅力的に伝える術を探ります。

アートプロデュース表現領域のカリキュラムの様子

アートプロデュース表現領域で学べること

ミュージアムスタディ/アートプロデュース/音楽プロデュース/アートマネジメント/舞台芸術プロデュース/映像文化など

卒業後の進路

美術館学芸員、キュレーター、アートプロデューサー、アートディレクター、デザイナー、イベントプロデューサー、広告代理店プランナー、舞台芸術関連企業、音楽関連企業、映画関係企業、学校教員、編集者など