www.joshibi.ac.jp

ヒーリング表現領域のカリキュラム

1年次
アーティストとしての基礎能力を養う。

前期はCG、絵画、染、織、塑像などを学びアーティストとしての基礎を固めます。後期はキャラクターやハンドスカルプチャー、壁画などを制作し、障がいなどの多様性を受け入れて社会問題の軽減を促す、社会包摂を目標としたワークショップのスキルを習得します。

2年次
実技と理論を通じて
ヒーリングを考える。

空間演出、グラフィックデザイン、壁画制作の技法、絵本創作の基礎、装丁技法などから、ヒーリングを考える上で必須の理論と技法を身につけ、専門的な領域へと進む準備をします。さまざまなコラボレーションワークに欠かせない「癒し」について考察します。

3年次
社会のニーズを知り
応える能力を身につける。

「平面表現(キャラクターデザイン、絵本制作、壁画制作)」と「立体表現(形態表現、ぬいぐるみ、玩具)」のいずれかを選択し、独自の表現方法を追求。社会と連携したプロジェクトへの参加を通じて、ヒーリング・アートの役割を肌で感じ、それに応える解決方法も模索します。

4年次
将来を見据えて総合力を高める。

アートやデザインの役割を考え、社会における自らのポジションを模索。一方で、専門実技を通じて作品の質もさらに高めていきます。また、多くのプレゼンテーションを経験し、コミュニケーション能力や企画力を磨きます。最終的には集大成として卒業制作を発表します。

ヒーリング表現領域のカリキュラムの様子

ヒーリング表現領域で学べること

キャラクターデザイン/絵本/壁画/コンピュータグラフィックス/ぬいぐるみ/玩具・遊具デザイン/空間デザイン/アートアクティビティによるワークショップなど

卒業後の進路

絵本作家、キャラクターデザイナー、イラストレーター、CGデザイナー、玩具デザイナー、ぬいぐるみ作家、空間デザイナー、壁画制作アーティスト、医療・福祉施設職員、教員など