www.joshibi.ac.jp

女子美が目指したのは、 女子の新しい生き方を 世の中に示すことでした。

明治の頃、当時の社会は女子の理想像を「良妻賢母」としていました。しかし女子美は、妻や母であること以前に、一人の女性として、そして一人の人間として生きること。そして、自分の中に育んできた美術の力によって、心豊かな毎日を生み出していく人間となり、社会を、文化をも支える人間になることを、学校の目標としていたのです。
こうした女子美の革新的な考えは、当時の人々に、少し先の新しい時代を見据えた生き方を選ぶ、はつらつとした女子の姿を想像させたに違いありません。そしてこの校風は永く受け継がれ、「美術をとおして、我が国の文化に貢献する有能な女性を育成する」という現在の教育理念に結実しているのです。

1900年10月(明治33年)

私立女子美術学校設立の許可を受ける
発起人 横井玉子、藤田文蔵、谷口鉄太郎、田中晋

横井玉子
横井玉子
藤田文蔵
藤田文蔵

1901年4月(明治34年)

本郷弓町(現文京区)の校舎において開校
藤田文蔵 初代校長に就任

横井玉子による制服スケッチ
横井玉子による制服スケッチ
西洋画科の人体デッサン風景
西洋画科の人体デッサン風景

1904年1月(明治37年)

佐藤志津 校長に就任

佐藤志津
佐藤志津

1908年10月(明治41年)

火災のため弓町校舎焼失

1909年7月(明治42年)

本郷菊坂町に新校舎落成
弓町校舎より移転

新築された菊坂校舎
新築された菊坂校舎

1915年4月(大正4年)

付属高等女学校開校

1916年2月(大正5年)

付属高等女学校を私立佐藤高等女学校と改称

1917年2月(大正6年)

財団法人私立女子美術学校に組織変更

1919年9月(大正8年)

私立女子美術学校を女子美術学校と改称

1929年6月(昭和4年)

専門学校に昇格 女子美術専門学校と改称

1935年1月(昭和10年)

女子美術専門学校が杉並区和田本町(現杉並区和田)に移転

女子美術専門学校の杉並校舎
女子美術専門学校の杉並校舎

1945年3月(昭和20年)

空襲により菊坂校舎全焼

1947年4月(昭和22年)

学制改革により新制佐藤中学校を開設

1948年4月(昭和23年)

新制佐藤高等学校発足

1949年2月(昭和24年)

学制改革により女子美術大学発足 芸術学部に美術学科と服飾学科を設置

1950年3月(昭和25年)

財団法人女子美術大学を学校法人女子美術大学に組織変更
短期大学部を併設 服飾科を置く

1952年3月(昭和27年)

付属洋裁学校開設

1953年4月(昭和28年)

短期大学部に1年制の服飾別科を設置

1955年4月(昭和30年)

短期大学部服飾科を服飾コースと図工コースに分ける

1956年4月(昭和31年)

杉並校舎の一部焼失

1957年3月(昭和32年)

短期大学部に図工科(現造形学科)を新設

1961年4月(昭和36年)

和田寮完成

1961年 杉並校舎 ファッションショー
1961年 杉並校舎 ファッションショー

1962年4月(昭和37年)

短期大学部を女子美術短期大学と改称

1963年4月(昭和38年)

短期大学を服飾科・造形科とし、専攻科を新設

1966年4月(昭和41年)

芸術学部美術学科を絵画科・産業デザイン科・芸術学科に改組

1967年4月(昭和42)

茅ケ崎校舎にて短期大学専攻科(絵画)の授業開始

1967年9月(昭和42年)

女子美画廊開設

1968年4月(昭和43年)

茅ヶ崎校地に付属幼稚園開設

1971年7月(昭和46年)

蓼科寮開設

1976年9月(昭和51年)

付属高等学校・中学校アトリエ(9号館)完成

1980年10月(昭和55年)

創立80周年記念式典挙行

1990年4月(平成2年)

芸術学部相模原校舎開校

相模原校舎
相模原校舎

1994年4月(平成6年)

大学院美術研究科(修士課程)を相模原校地に設置

1996年4月(平成8年)

大学院美術研究科(博士後期課程)を相模原校地に設置

2000年10月(平成12年)

創立100周年式典挙行

2001年4月(平成13年)

芸術学部に立体アート学科、メディアアート学科、ファッション造形学科を設置
女子美術短期大学を女子美術大学短期大学部と改称、
さらに造形科を造形学科に名称変更

2001年10月(平成13年)

創立100周年記念棟完成 女子美アートミュージアム(JAM)落成

2002年12月(平成14年)

女子美術大学短期大学部服飾科を廃止

2003年4月(平成15年)

女子美術大学短期大学部別科造形専修を別科現代造形専修に名称変更
女子美術大学研究所、女子美オープンカレッジセンターを設置

2005年4月(平成17年)

大学院美術研究科修士課程芸術文化専攻を設置

2007年4月(平成19年)

女子美術大学短期大学部別科現代造形専修を別科基礎造形専修に名称

2009年4月(平成21年)

短期大学部別科基礎造形専修を募集停止

2010年4月(平成22年)

芸術学部の絵画学科、工芸学科、立体アート学科、デザイン学科、メディアアート学科、ファッション造形学科、芸術学科を募集停止
芸術学部に美術学科(4専攻)、デザイン・工芸学科(4専攻)、アート・デザイン表現学科(4領域)に再編
短期大学部造形学科を美術コース(平面・立体)・デザインコース(情報デザイン・創造デザイン)に改組

2010年11月(平成22年)

創立110周年記念式典挙行

2012年4月(平成24年)

芸術学部美術学科に美術教育専攻を設置

2014年4月(平成26年)

芸術学部美術学科に芸術文化専攻を新設