www.joshibi.ac.jp
  • 第一回ドローイングシンポジウム - 「描くこと」の可能性をもとめて -

    2016年11月26日、相模原市立市民・大学交流センター ユニコムプラザさがみはらにて第1回ドローイングシンポジウムが開催されました。

  • 本学「美サイクルプロジェクト」

    「女子美」の学生たちがデザインしたアップサイクルプロダクトを「杉の子学園」が作り「B-COMPANY」で販売していく、産学連携を超えた新しい共創のカタチ、「美サイクルプロジェクト」。

  • 鳥羽ストーリーズ・アートプロジェクト「なかまち」

    三重県「鳥羽なかまち会」のアートプロジェクトに女子美生が参加して制作した作品と交流を記録した写真集が販売されています。

  • 『絶滅危惧種デザインコンペティション2017』各賞決定・表彰式開催

    本学とRED DATA JAPAN(絶滅危惧種をテーマとした団体)と公益財団法人日本自然保護協会が連携し、日本の絶滅危惧種の保護活動をより社会に発信、若い世代にも興味を持ってもらうため、「絶滅危惧種デザインコンペティション2017」が全学生対象に行われました。

  • 21世紀鷹峯フォーラム

    女子美が応援する 「21世紀鷹峯フォーラム 第2回in東京」。工芸を体感する100日間、100機関、300のイベントを、工芸の人材育成を支えてきた女子美術大学が全面サポートしました。

  • 第4回美術教育セミナー

    美術と教育、その双方に携わる方またはこれから志望する学生を対象とした講演会も今年で4回目になります。大学や高校はもちろん、小学校・中学校での教育の場から実践レポートを講演するなど大変貴重な場となっている美術教育セミナー。

  • 12ヵ月を彩る誕生石ストールを伊勢丹にて販売

    伊勢丹で開催された母の日ギフト特集のひとつとして、女子美生がデザインした「12ヵ月誕生石ストール」が販売されました。

  • えどがわ伝統工芸産学公プロジェクト

    江戸川区の伝統工芸者と学生がコラボレーションし、実際に製品化し販売まで行う「えどがわ伝統工芸産学公プロジェクト」。本年1月にはタワーホール船堀で第12回の新作発表会が開催され、85人の学生が122点の作品を発表しました。

  • ICAF2015開催

    2015年8月28日から31日に開催されたインターカレッジ・アニメーション・フェスティバル(ICAF)2015東京本大会は、アニメーションを専門的に学ぶ教育期間が推薦する学生作品を一同に集めたアニメーションフェスティバルです。