www.joshibi.ac.jp

ヴィジュアルデザイン専攻のカリキュラム

1年次
「つくること」の基礎力を身につける。

1年次では、ヴィジュアルコミュニケーションに重要な「色とかたち」「文字とことば」を主軸に、さまざまな素材・表現に触れながら、ものの見方、捉え方において多角的な視点を持てる観察力を養います。

2年次
クリエイターとしての
意識を高める。

2年次では、ヴィジュアルコミュニケーションに必要な発想力・思考力を養います。また、写真や印刷などの工房実習を通じて基礎的な技術を習得します。専門分野に枝分かれする前の充分な準備をします。

3年次
自分らしい表現を
模索する。

3年次からは希望する領域を主軸とした独自の履修計画によってより専門的なデザイン領域を学習します。自身の将来像をふまえて、これからの社会とデザインの関係を総合的に考えていきます。専門領域は大きく3つの科目群にくくられ、「カタチ」「ツタエル」「ハッケン」として、多様な選択科目が開設され実践的に学んでいきます。

4年次
ヴィジュアルデザインの
可能性を探求する。

前半は、これまでの学習をふまえて専門領域から2つを選択し、より深く研究します。後半は、各ゼミに分かれて各自がヴィジュアルデザインの可能性を探究しながらテーマを設定し、4年間の集大成として卒業制作を行います。

ヴィジュアルデザイン専攻のカリキュラムの様子

ヴィジュアルデザイン専攻で学べること

グラフィックデザイン/タイポグラフィー/アートディレクション/広告計画/ブランディング/編集/パッケージデザイン/ブックデザイン/映像/CM映像/アニメーション/写真/イラストレーション/Webデザイン/印刷など

卒業後の進路

アートディレクター、グラフィックデザイナー、エディトリアルデザイナー、パッケージデザイナー、広告代理店、広告制作会社、プロダクション、出版社、新聞社、放送局、企業(インハウスデザイナー)、イラストレーター、フォトグラファー、Webデザイナー、キャラクターデザイナー、アニメーター、装丁家、漫画家、絵本作家、教員、研究者、進学(大学院、留学)など