www.joshibi.ac.jp

環境デザイン専攻のカリキュラム

1年次
デザインの発想力・ 幅広い基礎力を養う。

デザインの基礎的な課題(平面・立体・空間)を通して空間デザインの発想力を学びます。また、デザイン・工芸全領域の中から自由に選択できる課題授業では、基礎的な知識と技能を学び、デザイン表現の幅を広げていきます。

2年次
環境デザインの基礎を学ぶ。

環境デザインの基礎授業である、家具・ディスプレイ・インテリアデザイン・庭・広場などの課題を通して、さまざまな材料を使ってデザインすることを学びます。また、図面作成や模型製作を通して、プレゼンテーション手法を習得します。

3年次
環境デザインの専門性を高める。

3年次からは、幅広い環境デザイン領域からの選択授業で、住宅系・商業施設系・街路景観系など、自らの志望にあった課題を選択・計画し、専門性を高めていきます。希望者には企業研修等を実施し、デザインの現場を体験することで志望を決めるのに役立てます。

4年次
環境デザインの志望領域を深める。

前期は自らの志望領域をさらに深めるために課題を選択し学びます。後期はテーマを自由に選択し4年間の集大成として卒業制作を行います。専門領域の研究室でのゼミ形式の授業で、卒業制作を仕上げていきます。

 環境デザイン専攻のカリキュラムの様子

環境デザイン専攻で学べること

建築デザイン/インテリアデザイン/インテリアコーディネート/ディスプレイデザイン/舞台デザイン/家具デザイン/照明デザイン/ガーデンデザイン/景観デザイン/都市デザインなど

卒業後の進路

主な職種:建築デザイナー、インテリアデザイナー、インテリアコーディネーター、ディスプレイデザイナー、舞台デザイナー、家具デザイナー、照明デザイナー、ガーデンデザイナー、景観デザイナー、教員、研究者など
主な企業業種:住宅メーカー、家具メーカー、照明メーカー、建設業、室内装飾業、造園業など