www.joshibi.ac.jp

プロダクトデザイン専攻のカリキュラム

1年次
造形とデザインの
基礎力を高める。

「立体」「平面」「空間」「工芸」。これら4分野における造形とデザインの基礎を、さまざまな演習や実習を通して身につけます。ポイントとなるのは、体験的な学びの中で自分なりの発見を積み重ねること。制作においては手作業だけでなく工具も使用し、表現の幅を広げます。

2年次
多様な素材の扱い方を習得する。

さまざまな素材に触れ、その扱い方を会得する2年次。プロダクトデザインの基本概念である「モノとコト」の本質を掘り下げるのに必要な知識と技術を習得します。あわせて課題作品のプレゼンテーションを繰り返すことで「伝える力」(=提案する力)も高めます。

3年次
プロの制作現場に意識を向ける。

商品の品質に迫るフルスケールのモックアップ制作を通じて、プロの制作現場を意識。幅広い実技課題によって、発想力と造形力を磨きあげていきます。また、デザインに求められる要素を見極めるための調査・考察も実施し、データの抽出方法や分析術を学びます。

4年次
社会を意識しながら考察する。

技術力や造形力の向上に励む一方、社会との関わり方にも目を向けていく4年次。自己のアイデアを、具体的にデザインに生かす術を模索します。卒業制作では、自らの個性と、4年間で培ってきたデザイン力を生かしながら、社会性に富んだ魅力的な創造に挑みます。

プロダクトデザイン専攻のカリキュラムの様子

プロダクトデザイン専攻で学べること

立体・平面・空間などデザイン基礎/ストリートファニチャー/家具デザイン/雑貨・文具デザイン/キッズデザイン/ライティングデザイン/エコデザイン/ユニバーサルデザインなど

卒業後の進路

家具、家電、自動車、照明、化粧品、玩具、ベビー・キッズ用品、文具、生活雑貨、家庭用品など企業のデザイン部門、デザイン事務所、プロダクトデザイナー、プランナー、クリエイター、教員など