• 女子美で学びたい方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 一般・企業の方へ
  • 女子美について
  • 大学院・大学・短大
  • 入試について
  • 学生生活・進路・就職
  • 社会貢献・国際交流

芸術学部へ戻る

美術学科 立体アート専攻

美術学科 立体アート専攻

あらゆる素材から、自在にアートを形にする。

粘土、木、石、金属。
従来の彫刻作品で用いられてきた素材はもちろん、紙やフェルトなどの繊維素材も手にしたい。
従来からの枠組みにとらわれない新しい表現を、自由に追い求めていくのが、本専攻の特徴です。

3年次に入ると、5つの素材の中から、突き詰めたいものをひとつ選択。
その素材と直に触れあいながら、自らにフィットする手法を模索していきます。

ひとつの材料を深く掘り下げるのも自由。いろいろと興味のあるものに手を伸ばすのも自由。
自らの感性を映し出すことのできる、実践的な環境に身を置きながら、専門的な技術と、高い表現力を養っていきます。

  • 教員紹介
  • 学生作品
  • 入試要項

立体アート研究室ウェブサイト

カリキュラム

1年次

ベーシックな5つの素材に親しむ。

立体作品を制作するにあたって基本となる素材、粘土、紙、木、石、金属への理解を深め、基本的な扱い方を学びます。同時に、粘土でレリーフ(浮き彫り)、頭像、トルソーなどを形造ることを通じて、基礎的な造形力を研磨。デッサンなどを重ねながら、立体を観る目もあわせて養っていきます。

Image
2年次

工芸的な素材を手に、表現の幅を広げる。

1年次に体験した5つの素材に加え、フェルトや紙、天然繊維や化学繊維といった、工芸的な素材を手にすることで、表現力や造形力に磨きをかけます。さらなる造形力を養う過程では、全身像の制作にもチャレンジ。いろいろな表現方法を知ることによって、自らが表現したいもの、自らに適した素材を探ります。

Image
3年次

ひとつの素材を選び、専門性を高める。

自分の表現にふさわしい素材ひとつを、塑造、紙、木、石、金属の中から選択。その素材への理解を深めるとともに、技術力にさらなる磨きをかけ、自在に扱えるようになることをめざします。あわせて自己との対話、教員との対話を通じて、自分なりの表現についても模索。徐々にそれぞれの方向性を定めていきます。

Image
4年次

作家として一人立ちするまでの助走期間。

前期には自由作品を1点制作。後期には前期の作品からの延長で、4年間の集大成となる卒業制作を手がけます。これら自由度の高い制作を経ることで、自らの作家としての立ち位置や、作ることに対する原動力について探求。この時期に作家として一人立ちしていく上で核となるものを明確化します。

Image

卒業後の進路

彫刻家や造形作家をはじめ、美術教員、舞台美術家、自動車デザインモデラー、ディスプレイやジュエリーデザイナー、アニメーション制作、キャラクター制作、TVアシスタントなど。また、毎年3割ほどの卒業生が大学院進学や留学をしています。