• 女子美で学びたい方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 一般・企業の方へ
  • 女子美について
  • 大学院・大学・短大
  • 入試について
  • 学生生活・進路・就職
  • 社会貢献・国際交流

芸術学部へ戻る

美術学科 洋画専攻

美術学科 洋画専攻

絵画を中心として最先端の美術表現を学ぶ

油彩画、版画のふたつを中心としながら、ミクストメディア、映像、インスタレーションといった、さまざまな表現に触れていく洋画専攻。
ここでは、伝統的な絵画だけではなく、最先端の美術までを視野に入れていきます。
すべての基礎となるのは観察力、そして描写力。光や色彩、質感を理解する美術理論のほか、ハイレベルな技法と表現力の会得、多彩な発想力も必須です。
それを身につけた先にこそ、人の心を打つ表現は生まれるもの。作家への道のりは、決して平坦ではありません。
これら道程を学生と共に歩み、自立した作家を輩出する。これこそが本専攻に課せられた一番の使命です。

  • 教員紹介
  • 学生作品
  • 入試要項
  • 洋画研究室ウェブサイト
  • 版画研究室ウェブサイト

カリキュラム

1年次

オリジナルな表現に必須の土台を固める。

人体や風景のデッサン、スケッチ旅行などを通じて、対象をしっかりと観察する力、正確に描写する力、構成力を養います。 これらは自分らしい表現を追求するために不可欠な基礎力となります。一方では、美大ならではの専門的な油彩画にも着手。石版画やリトグラフにも慣れ親しみます。

Image
2年次

絵画コースと、版画コースに分かれて学ぶ。

絵画と版画、それぞれのコースで専門性を高めます。絵画コースでは、具象のみならず抽象表現、さらにはカービング、ドローイング、ペインティング、インスタレーションなどで独自の表現を模索。版画コースでは、木版、銅版、石版、シルクスクリーンに触れ、それぞれの表現の特徴を学びます。

Image
3年次

オリジナルの発想を、具体的な表現に。

学生一人ひとりが形にしたいものを、具体的な表現へと結びつけるために、より専門性の高い科目を選択し、技術力を高めます。デジタルグラフィックや写真の技術を採り入れていくのもこの年次からです。一年を通じて計画的に制作課題に取り組みながら、自らの作風についても探求。講評会などで自作の解説を行うことによって、プレゼン能力にも磨きをかけます。

Image
4年次

テーマを明確化し、作家らしさに磨きをかける。

3年次までに身につけたことを土台に、一人ひとりの学生が制作テーマを明確化します。なぜそのテーマなのか。なぜこのモチーフなのか。なぜこのアプローチ方法なのか。ゼミで繰り広げられる、卒業制作を前にした教員との対話によって、すべての学生が作家としての意識を高めていきます。

Image

卒業後の進路

画家、版画家、美術家、美術教育者、学芸員、広告デザイナー、キャラクターデザイナー、舞台芸術、アートディレクター、コーディネーター、美術教育(ワークショップの運営者など)など。