• 女子美で学びたい方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 一般・企業の方へ
  • 女子美について
  • 大学院・大学・短大
  • 入試について
  • 学生生活・進路・就職
  • 社会貢献・国際交流

芸術学部へ戻る

アート・デザイン表現学科 メディア表現領域

アート・デザイン表現学科 メディア表現領域

テクノロジーを駆使して心に響く創作を。

ものの捉え方や価値観が、大きく変化している現在。
そんななかでも変わらず求められるものといえば、人の心に響くメディア表現です。

ここでは最先端のテクノロジーと女性ならではの感性を生かして、新たな表現を追求します。
そのプロセスでは、数多くの企業や研究所とのプロジェクトに参加。
社会で求められるクリエイティビティと創り手に求められるスキルを身につけます。

一人ひとりの創造性に重点を置いた表現活動も実践。斬新なコンテンツの提案も試みます。
メディアクリエイターとしてグローバルに活躍すること。
次世代のメディア表現をリードするコンテンツを発信していくこと。
それが本領域での目標です。

  • 教員紹介
  • 学生作品
  • 入試要項
  • アート・デザイン表現学科ウェブサイト
  • メディア表現領域研究室ウェブサイト

カリキュラム

1年次

発想を形にするための基礎を学ぶ。

グラフィックデザインやWebデザイン、実写を中心とした映像制作、および空間デザイン。これらメディア表現の基礎を習得します。ならびにアートとデザインの基礎を、絵画、立体、工芸、デザインの実習を通して培い、表現力を向上。発想を形にするための土台を養います。

Image
2年次

たくさんの表現手法に触れる。

ストーリーを重視したアニメーション、動画に欠かせないサウンド、さまざまなキャラクター、WEBや広告のデザイン、インタラクティブ表現。これらの基礎的な表現や手法について学びます。映像における演出理論、メディア表現の最新事例にも触れ、学んだことを作品に反映。表現力を高めます。

Image
3年次

コースを選択し、専門性を究める。

社会のなかで必要とされる「メディアデザイン」、自己表現を行う「メディアアート」。いずれか専門を決め、理論と実践の両面からメディア表現を追求します。また、プロジェクト活動を通してコラボレーションを経験し、コミュニケーション能力とプレゼンテーション能力を身につけます。同時に、実社会で必要となる知的財産に関する知識についても学びます。

Image
4年次

自分の表現スタイルを確立する。

3年次までに身につけたさまざまな表現手法をもとに、自分の表現スタイルを追求していくのが4年次です。卒業制作では一人ひとりが自らテーマを設定し、発想を重視したオリジナルな表現を形にします。

Image

卒業後の進路

コンテンツクリエイター、アニメーション制作者、キャラクターデザイナー、CGデザイナー、イラストレーター、映像クリエイター、ゲームデザイナー、グラフィックデザイナー、Webデザイナー、広告デザイナー、アニメーション作家、メディアアーティスト、教員など。