• 女子美で学びたい方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 一般・企業の方へ
  • 女子美について
  • 大学院・大学・短大
  • 入試について
  • 学生生活・進路・就職
  • 社会貢献・国際交流

芸術学部へ戻る

美術学科 日本画専攻

美術学科 日本画専攻

伝統的な手法を土台に、新しい日本画をめざす。

日本独自の美意識のなかで育まれてきた日本画。
その魅力は、多くの自然素材を用いることで生みだされる日本の自然観、精神観を映し出した、豊かな表現にあります。

本専攻では、日本画に欠かせない描写力、構成力を高めながら、和紙、岩絵の具、絵の具、筆、表具、箔といった、
伝統的な材料と道具を使いこなすことを基本としています。

学生一人ひとりの、自由で、現代的、そして豊かな感性に根ざした日本画の追求も必須です。
伝統を踏まえた創造の世界を広げることをめざします。

  • 教員紹介
  • 学生作品
  • 入試要項

日本画研究室ウェブサイト


カリキュラム

1年次

基礎力を高めながら、画材への理解を深める。

しっかりと対象物に迫り、その本質を描くのに必要な基礎力を、デッサンや写生を通じて高めます。同時に、そのモチーフを「いかに描くか」の幅を拡張。古典的なキャンバス「絹地」や、天然の岩石から岩絵の具を制作するほか、紙漉きなどを通じて、画材への理解を深め、日本画の成り立ちを体験的に学びます。

Image
2年次

伝統にとらわれない、自由な発想を得る。

基礎力や表現力を高める一方、共通科目で立体アート、ミクストメディア、インスタレーションなど、日本画以外の表現に触れることで視野を広げ、新しい発想を得ます。また古典模写を通じて、伝統的な日本画の技術も習得。自由で個性的な、現代の日本画を描くための土台を、この段階でしっかりと固めます。

Image
3年次

画材の使いこなしと、作風の確立に向けて。

磨いてきた基礎力を土台に、イメージ通りに描けるようになっていくのが3年次です。コントロールの難しい岩絵の具も、徐々にうまく扱えるようになっていく一方で、引き続きデッサンや古典模写などを通じて、造形力を磨きます。また教員との討論を重ねながら、オリジナルの作風を確立していきます。

Image
4年次

自立した作家をめざしてラストスパート。

前期に100号の作品を2点、後期に卒業制作として150号の作品を形にします。そのプロセスでは所属ゼミの教員や助手らと、密な対話をもつことによってオリジナリティを磨き、ひとりの作家としての意識も高めます。プロの作家に求められる、計画的に大作を完成させる術を身につけるのも、この時期です。

Image

卒業後の進路

画家、造形作家、修復家、研究者、教育者、学芸員、アートディレクター、デザイナーなど。幅広い表現力をもった卒業生は、さまざまな分野で高い評価を受けています。