• 女子美で学びたい方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 一般・企業の方へ
  • 女子美について
  • 大学院・大学・短大
  • 入試について
  • 学生生活・進路・就職
  • 社会貢献・国際交流

芸術学部へ戻る

アート・デザイン表現学科 ファッションテキスタイル表現領域

ファッションとアートの交わる場所。

ファッション=五感で感じるもの。
身につけることで、人の気持ちを豊かにしてくれるアートです。

ここでは、人の心を豊かにするアート的な思考をファッションデザインに生かすトレーニングを実践。
糸を紡ぐ、布を織る、そして染めるといった営みから、テキスタイルを生み出すのはもちろん、衣服の企画からデザイン、
そして実制作まで、すべてを網羅しています。

開校以来、女性のための美術大学として衣服教育を行い、たしかな技術を次世代へと継承してきた本学。
その歴史に学び、自らの感性を生かした創作に携わる女性を育成する。
それこそが本領域のめざすところです。

  • 教員紹介
  • 学生作品
  • 入試要項
  • アート・デザイン表現学科ウェブサイト
  • ファッションテキスタイル表現領域ウェブサイト

カリキュラム

1年次

「食」と「衣」の関係について学ぶ。

身近な食材や植物で染める方法を知ることで、「食」と「衣」の関係について学びます。ならびに、自らが持つイメージを形へと導くために欠かせない、衣服の設計方法や製図についても習得。各自がオリジナルのテキスタイルを手に衣服を創ることで、ファッションへの関心を高めていきます。

Image
2年次

アートとしての衣服を意識する。

素材、色、形についての基礎知識と、それを扱う技術を身につけます。また空間や場を意識しながら、衣服やインテリアを創作。ここでは身体表現などにも意識を向け、効果的な発表方法を探ります。アートとしての衣服に考えを巡らせ、自分の作品に最高の舞台を与える術を体得するのが、ここでの目標です。

Image
3年次

衣服に込めたメッセージを明確化する。

ファッションとテキスタイルに関する演習や実習を重ね、表現技術を高めます。ここでは、コンセプトの立案、企画、制作、パフォーマンスをともなう発表まで、すべてをひとりで手がけることで、衣服で伝えたいメッセージを強化。地域社会や企業との連携プロジェクトにも参加するなど、実践的な活動も展開します。

Image
4年次

個性と社会のニーズの接点を探る。

創り手としての個性を意識しながら、「社会と衣服の関係」「衣服による社会貢献」をテーマに作品を制作。個性を発揮しながらも、自己満足には終始せず、社会のニーズに応える術を模索します。コラボレーションワークやワークショップをはじめ、4年間で得たすべての経験の集大成として、卒業制作に臨みます。

Image

卒業後の進路

ファッションテキスタイルの分野で活躍できる人材の育成を目的とする。デザイナー(ファッション、テキスタイル、ファッションプロダクト、コスチューム、インテリア、ジュエリー、雑貨、バッグ・シューズなど)、クリエイター、プランナー、マーチャンダイザーなど。また、アーティスト、キュレーター、教育者、研究者の育成を行う。