• 女子美で学びたい方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 一般・企業の方へ
  • 女子美について
  • 大学院・大学・短大
  • 入試について
  • 学生生活・進路・就職
  • 社会貢献・国際交流

芸術学部へ戻る

美術学科 美術教育専攻

美術学科 美術教育専攻

創ること、描くこと。その喜びを伝えられる美術教員に。

実技全般を得意とする美術教員を輩出する。

本専攻が、絵画、彫刻、工芸、デザインの技術習得に重きをおいているのは、
これらの実技指導を十分に行える人材が、まだまだ不足しているからにほかなりません。

美術に対する探求心を呼び起こす。
創ることの喜びを伝える。
美術の裾野は、次世代に対するこうした美術教育から広がっていくものです。

ここでは美術教員に必要とされる、美術理論、美術教育理論、心理学などの科目にも注力。
建学の精神のひとつ「美術教員の養成」にある通り、教員採用試験に強い人材を育てます。

  • 教員紹介
  • 入試要項
  • 美術教育研究室ウェブサイト
  • 美術教育専攻ブログ

カリキュラム

1年次

美術全般における実技力を高める。

美術教員には欠かすことのできない基礎的な描写力と構成力。これを水彩画やデッサンの実習を通じて身につけます。ならびに、芸術学部内の専門科目をとることで油彩画、日本画、デザイン、工芸の技能を習得。実技力と知識、両方を養いながら、質の高い美術教育を実践していく素地を整えます。

Image
2年次

実技力をさらに磨き、美術教員への意識を高める。

1年次で身につけた基礎的な技術を土台に、油彩画、版画、彫刻などに取り組むことで、表現力を高めます。美術教員になるには欠かせない、教育理論、教育心理学などの知識を得ていくのも、この年次から。美術教員への道をより意識しながら、実技と理論、両方の専門性を高めていきます。

Image
3年次

作家や指導者にとって必須の、個性と表現力を伸ばす。

油彩画、日本画、版画、彫刻の中からひとつを選び、より専門的かつ個性的な表現を追求。作家に迫る表現力を得ることがここでの目標です。また教育現場で役立てられる知識として、美術教育や美術史、造形理論なども習得。実技と理論、両方のレベルをさらに押し上げます。

Image
4年次

作家らしさ、指導者としての技能、両方を究める。

3年次までに身につけた表現力を踏まえ、4年間の集大成となる作品を制作します。ここで作家活動に打ち込む経験を得ることは、美術科教員として「創作の楽しみや喜び」を伝えていく原動力になります。2週間に渡って行われる教育実習では、指導教員のもとで実践的な教授法を身につけます。

Image

卒業後の進路

美術教員、博物館学芸員、社会福祉関係職員、公務員など。