• 女子美で学びたい方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 一般・企業の方へ
  • 女子美について
  • 大学院・大学・短大
  • 入試について
  • 学生生活・進路・就職
  • 社会貢献・国際交流

大学院美術研究科 修士課程 デザイン専攻[2年制]

大学院・大学・短大へ戻る

デザイン専攻

デザインの概論と機能を追求し、社会のニーズに応える

21世紀のデザインの包括する領域はますます拡大かつ多様化しつつあります。デザイン界の様々な社会的ニーズと学生の将来的発展の可能性を求め、5研究領域を設置しています。視覚情報伝達と視覚造形表現を追究する「視覚造形」人と道具、人と空間、人と自然から創造的生活環境を提案する「環境造形」の2研究領域は、それぞれアナログとデジタルの両方向で研究を進めます。
これらに加えて、混迷する現代社会の人と暮らしと癒しの関係を様々な創作活動により探究する「ヒーリング造形」、情報とコミュニケーションをキーワードに次世代の総合的な造形表現を研究する「メディアアート造形」、人間と衣服と環境の関係を身体の内/外から生じた表現方法により理論と造形の創造的制作を行う「ファッション造形」の3研究領域は、デザインとアートの双方からのアプローチをしていきます。
これらデザイン5研究領域によってより幅広く、高度な研究、創作活動を目指します。

  • メディア研究領域
  • ヒーリング研究領域
  • ファッション研究領域
  • アートプロデュース研究領域
  • ヴィジュアルデザイン研究領域
  • プロダクトデザイン研究領域
  • 環境研究領域

メディア研究領域

情報とコミュニケーションをキーワードに、美術・デザインなど、造形表現の側面から情報先端技術を取り扱い、クリエイティブで人間性豊かなメディアアート表現を追究します。技術と芸術を高度なレベルで融合し、表現者として社会に様々な提案を行うことを目標としています。具体的な研究領域として下記が挙げられます。

・映像(映像、アニメーション、3DCG)
・インタラクティブ(ゲーム、参加型メディアアート、Web、ロボット)
・バーチャルリアリティ(リアルタイム3D)
・マルチメディア(デジタル・サウンド、デジタル写真)
・インスタレーション(照明、立体造形、空間演出など)

また、この研究領域では、平面的な視覚表現だけでなく時系列の要素や空間的要素を加えて融合し、人と人のコミュニケーションをテーマとした総合的な造形表現の研究を行います。
さらに実社会とのつながりを重視し、研究機関や企業とも協同しながら、次世代の新しいコミュニケーションや技術活用について研究制作を行います。

PAGE TOP

ヒーリング研究領域

我々が日常生活において、心地よい空間、潤いのある空間で生活を営むことは、精神衛生上不可欠な問題です。精神の安静とストレスの溜まりにくい、リラックスした環境作りについて考えると、そこにはデザインやアートの存在が重要な役割りを果たす要素として関わっています。
現代社会におけるヒーリング(癒し)について、アートとデザインの領域から個々のテーマを設定し、研究していくことで、社会との関わりや必要性を探ります。
ヒーリング表現を、創作と理論を通して考えていくことにより、自己の可能性を広げるとともに社会性のある新たな発見を目指します。
また、社会の様々な現場で活用されているワークショップ型体験学習によって、個人や集団のコミュニケーションを高め、社会に横たわる様々な問題の改善方法を探ることも視野に入れていきます。加えて、医療空間や福祉施設、様々な公共空間、日常生活空間に至るまで、人の暮らしとヒーリングの関係を考察し、ヒーリングを目的とした表現、手段、媒体について、視覚伝達デザイン、住環境デザイン、映像表現、絵画表現などの作品制作や理論研究によって探求していきます。
さらに、身体と向きあうボディワークを通してアートや環境から得られた『気づき』を、各人の創作や研究に結びつけていきます。
同時に、研究テーマに対して、医学的な調査と検証、色彩心理の調査と検証に基づくデータ分析などから理論的な研究を推し進めていきます。
これらにより各自の研究を社会にどう還元し、活用していくのかといった方法についても探っていきます。

PAGE TOP

ファッションテキスタイル研究領域

人は何のために衣服を身につけてきたのか?
そして、衣服は何のためにあるのか?
衣服は、あらゆる意味においての身体保護、装飾性、身分の証、そして自己のアイデンティティを示すなど、様々な役割を果たしています。このことを踏まえながら、日常における自然な行為を再認識し、身体や社会が提起する問いに対する答えとしての衣服や、その多様性、さらには身体や衣服に対する概念について、さまざまな視点から考察を深め、研究し、社会への還元に目を向ける必要があります。
本研究領域では、自己の存在と向き合いながら、人と空間、人と環境について考察し、衣服と身体の関係が、社会の中で、いかにあるべきかを思索し、作品制作と論理的な研究へと繋げます。また、日本の伝統繊維の地域プロジェクトや企業と行う先端繊維の研究にも取り組みます。美術やデザインの他領域の人や物との交流を積極的に行いながら衣服造形の表現(コンセプチュアルクローズ)者、また、企画者の育成を目指します。

PAGE TOP

アートプロデュース研究領域

経済的な繁栄だけが人間の幸福を保証する時代は終わり、その経済的な価値を根拠としてきた芸術文化の再考と、その社会化の画一的な方法論の変革が求められる中、新たな社会をデザインする高度な知識と、人間の幸福を導く発想力と行動力をもって社会に奉仕する、「表現者」としてのキュレーター(学芸員)、アートプロデューサー、コミュニケーターが求められています。
「アートプロデュース研究領域」はさまざまな芸術表現の融合によって、新たなアートプロデュースの可能性を探求し、いかに社会を蘇生創造するかという、「社会のデザイン化」に関する研究と実践を展開します。
そのためには何よりも創造的な感性が求められます。私たちが作り出すべき作品は、人間中心の「社会」そのものであるという視点に立ち、視覚芸術、音楽、演劇といった芸術世界だけではなく、広く政治、経済、教育、福祉、医療を学んだ人々も積極的に受け入れながら、「美術館」に象徴される既存のアートの場を開放し、より人間的な「ミュージアム」のアドボカシーを発信、プロデュースしていきます。

PAGE TOP

ヴィジュアルデザイン研究領域

人類の発生と同時に人間はコミュニケーションを通じてさまざまな文化の発展と継承を行ってきました。
人間社会の中でテクノロジーの発展に伴い情報は多様化し、コミュニケーションの媒体は、複雑化しています。情報発信は、膨大な情報の渦から選択され、迅速に、正確に、必要情報を伝えなければなりません。時には双方向で伝えあうことが必要とされるようになりました。
高度情報化社会の中で、視覚デザインの持つ意義はますます大きくなり、加えてグローバルデザイン、ユニバーサルデザインの視点も求められています。
視覚造形は造形するものが、主観的に捉えるイマジネーションを、言語でいうならば標準語としての造形言語を基礎にし、自己の独創性がさまざまな視覚伝達機能と共存させられるかを、ひとつの問題提起として実験研究するものです。
制作研究のテーマは、各自が設定したテーマによって、視覚造形分野の中で多角的に研究していきますが、出版、広告デザイン、コマーシャルフィルム、イラストレーション、写真、映像、それらのアートディレクションなど、様々な視覚情報伝達媒体に対して、また、視覚造形表現の可能性を追求する純粋なヴィジュアルアート研究までを含め制作研究の領域とします。

PAGE TOP

プロダクトデザイン研究領域

デザインとは、人と人とのコミュニケーション・人とモノの関わり・人と環境のあるべき姿の考察、および独創的な創作活動の実践を行います。その中でも、プロダクトデザインは、「ヒト(人)」と「モノ(物)」の関係において、その背景にある事象「コト(生活・環境)」を考え、「モノ(道具・形態)」を創るデザインです。そのデザインの基本は、手を使ってモノを想い・考え、コトを発想・考察し、またモノを創り、提案する作業です。
現在、私達の社会・生活の中には多くの「モノ」が満ち溢れています。新しく良い「モノ」を創造・提案するためには、「ヒト」の感性や生活や環境を充分観察・考察し、機能(用)と造形(美)の関係や意味を熟慮し、発想・創造していく姿勢が必要とされています。
価値観の多様化に伴い“デザイン”に高い感性が問われる今、モノに対する細やかな感覚と生活へのこだわりがより一層、デザインに求められています。
本研究領域では、プロダクトデザイン本来の意味を充分に理解し、デザインに不可欠な発想力、技術力、表現力を、各自の研究テーマに即して、調査・研究・考察をおこない、より高度なデザイン能力や、各自の個性・美意識を高める事を目指します。

PAGE TOP

環境デザイン研究領域

我々は、21世紀の新しい生活環境創造を目指します。
19世紀からの近代社会は、人々が共に健康で豊かな生活が実現することを目指しました。それと供に歩んだモダンデザインの世界でも合理的に、装飾性を廃し、機能性を重視し、シンプルな形態が追求され、今日見られるように便利で安価で美しい製品が生活環境に満ち溢れるようになりました。
ところが、20世紀末になり、近代の価値観を反映した手法・手段である大量生産や大量住居が大量消費、資源の浪費、公害・環境破壊などを引き起こし、急激に変化する科学技術や社会構造によるマイナス面が噴出することとなりました。
その解決策が求められているのが現代であるといっても過言ではありません。
「21世紀は環境の時代」と言われ、本研究領域の目指すものとは、「人と人、人と道具、人と空間、人と自然の関わりの研究の場であり、新しい生活環境創造のインキュベーション」であります。ユニバーサルデザインによる人にやさしい道具作りや生活環境の創造、サスティナブルデザインによる住空間や住環境作り、自然との共生システムの提案を試み、その他様々なアプローチ方法により学生達が自由に活発に「手と目で思考、行動する発光場」です。
教育環境は、各学生のPCによるデジタルアプローチや、各種素材を用いたアナログアプローチも可能で、それぞれの自由で高度な研究・創造活動を支援します。

PAGE TOP