• 女子美で学びたい方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 一般・企業の方へ
  • 女子美について
  • 大学院・大学・短大
  • 入試について
  • 学生生活・進路・就職
  • 社会貢献・国際交流

芸術学部へ戻る

デザイン・工芸学科 ヴィジュアルデザイン専攻

デザイン・工芸学科 ヴィジュアルデザイン専攻

ヴィジュアルコミュニケーションの進化形を探求する。

ある情報を、誰に対して、どう伝えるのか。

このヴィジュアルコミュニケーションという営みは、いつの時代も、時代の移り変わりとともに変化する宿命にありました。

現在は、新聞広告、雑誌広告、ポスターといった伝統的なメディアが存在する一方で、インターネットをはじめとする
新しいメディアの台頭によって、情報の伝え方、伝わる速度は、ますます進化の一途にあります。

そこで求められるのは、時代の息づかいを敏感に感じとる力。
そして、自らが吸収したものを、高い描写力と伝達力を駆使して、新しいヴィジュアルコミュニケーションへと昇華する力です。

ここでは、あらゆるメディアや表現手法を手にしながら、次世代のヴィジュアルコミュニケーションを探求していきます。

  • 教員紹介
  • 学生作品
  • 入試要項

ヴィジュアルデザイン研究室ウェブサイト

カリキュラム

1年次

クリエイターとしての土台を築く。

デザイン表現に欠かせない要素である「描写」「色彩と構成」「素材と表現」を、デッサン、色彩演習、空間造形など、さまざまな演習を通して学びます。これらを通じて養われるのがクリエイターとしてのベースになる力。表現ツールのひとつとして、コンピュータグラフィックソフトの操作も習得します。

Image
2年次

クリエイターとしての意識を高める。

「伝わる」と「伝える」の違いを知り、クリエイターとしての意識を高めていきます。パッケージデザイン、アニメーション、タイポグラフィに関する課題を通じて学ぶことは、手を動かして創ることの重要性、ならびに発想力も育みます。コンピュータグラフィックソフトを使用したイラスト制作にも臨みます。

Image
3年次

自分らしい表現を模索する。

プロのクリエイターに欠かせない高い意識をもって取り組んでいく3年次には、「自分らしい表現」を模索します。2年次までの経験を踏まえ、アニメーションやタイポグラフィなどの課題では、より深い表現を追求。2年次よりスタートした写真の演習では「伝える」に重点を置き、写真集の制作にも挑みます。

Image
4年次

あらゆる問題に対処できる力を養う。

どんな問題にも柔軟に対応できるクリエイターになるために、五感と技術を総動員して、自分のなかにある発想を出しきる術を身につけます。日々の体験の中から、新たな表現をつかむ姿勢に磨きをかけるのも4年次。最終的には、一人前のクリエイターとしての意識をもって、卒業制作に臨みます。

Image

卒業後の進路

広告代理店、広告制作会社、プロダクション、出版社、新聞社、放送局、企業(インハウスデザイナー)、イラストレーター、フォトグラファー、Webデザイナーなど。