• 女子美で学びたい方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 一般・企業の方へ
  • 女子美について
  • 大学院・大学・短大
  • 入試について
  • 学生生活・進路・就職
  • 社会貢献・国際交流

芸術学部へ戻る

デザイン・工芸学科 プロダクトデザイン専攻

技術と感性を両軸とするプロダクトデザイナーに。

より多くのヒトが、心地良く使える、美しいモノを、創造する。

モノにあふれた私たちの社会でプロダクトデザイナーに求められる能力がこれです。

優れたモノを生み出すのに欠かせないのは、ヒトの感性や生活環境を、しっかりと観察する姿勢。
機能と造形の関係を、深く考える姿勢も必須です。
こうした姿勢を基本として養うべきものは3つ。確かな経験や知識にもとづいて発想する力、発想したものを形にしていく技術力、そして自らの考えを確かに伝える表現力です。

大学の内外を舞台として、社会と関わりながら繰り広げられるここでの学びは、すべての学生を、高い感性と技術力を両輪とするプロダクトデザイナーへと導きます。

  • 教員紹介
  • 学生作品
  • 入試要項

プロダクトデザイン研究室ウェブサイト

カリキュラム

1年次

造形とデザインの基礎力を高める。

立体、平面、空間、工芸。これら4つの分野における造形とデザインの基礎を、さまざまな演習や実習を通して身につけます。この年次でポイントとなるのは、これら体験のなかで自分なりの発見を積み重ねること。自らの手を使っての作業だけでなく、機械も使用するため、表現力の幅も広がります。

Image
2年次

さまざまな素材の扱い方を習得する。

さまざまな素材に触れ、その扱い方を会得するのが2年次です。1年次に身につけた技術と、そこでの発見を基礎としながら「モノとコト」の本質を掘り下げるのに必要な知識と技術を習得します。あわせて課題作品のプレゼンテーションを繰り返すことで「伝える力」(=提案する力)も高めます。

Image
3年次

プロの制作現場を意識して取り組む。

商品の品質に迫るフルスケールのモックアップを制作するなど、プロの制作現場を意識していくのが3年次。ここでは、デザインに求められる要素を見極めるための調査も実施し、データの抽出方法や分析術を学びます。自らの提案をよりリアルに伝えるモデルの制作を通して造形力を磨くのも、この年次での目標です。

Image
4年次

社会を意識しながら創造する。

技術力や造形力の向上に励む一方で、社会と自分との関わり方に目を向けていくのが最終年次。そうした取り組みから得たアイデアを、具体的にデザインへと生かす術を模索します。卒業制作では、自らの個性と、4年間で培ってきたデザイン力を生かしながら、社会性に富んだ魅力的な創造に挑みます。

Image

卒業後の進路

プロダクトデザイナー、プランナー、クリエイター、デザイン事務所、各種工業製品(家電、家具、自動車、照明、衛生、文具、おもちゃ・キッズ用品、食品、伝統工芸品、雑貨・家庭用品など)メーカーでのデザイン部門、CAD関連のIT企業など。