• 女子美で学びたい方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 一般・企業の方へ
  • 女子美について
  • 大学院・大学・短大
  • 入試について
  • 学生生活・進路・就職
  • 社会貢献・国際交流
  よくあるご質問
入試についてへ戻る

受験について

どういう入学試験の制度があるのでしょうか。
芸術学部、短期大学部、大学院美術研究科の各入学試験は以下からご覧いただけます。
入学試験要項や願書はどうやって入手できますか。
入学試験要項は、下記ページにPDFファイルで公開しています。出願書類に定める「本学所定」用紙を含め、資料請求せずに、その場でご自身により印刷で出来ます。
入学資格事前審査は必ず受けなければなりませんか。
入学試験要項の出願資格の項目で、該当した方のみ、必要です。

ネット出願はどこのサイトからできますか。
下記「出願・申込サービス」より出願できます。ネット出願手順をご確認のうえ、出願登録を行ってください。AO入試のエントリー時は、出願サービスは使用しません。エントリーシート等必要書類は入試要項のページからダウンロードできます。

家にパソコンやプリンターがないのですが、どうすればよいですか。
自宅以外でも、学校・インターネットカフェ等のインターネットに繋がっているパソコンがあれば、どのパソコンからでも出願登録することが可能です。なお、各書類の印刷が必要になりますので、ネットプリントサービスを利用してコンビニエンスストアの複合機で印刷するなどしてください。

ネット出願はいつからできますか?
受験される入学試験の出願期間開始日の午前10時からです。出願期間は入学試験要項をご確認ください。なお、本学では、大学院・大学・短大の全入学試験の出願を同サイトにて受け付けているため、受験される入学試験の出願期間以外でもサイトへのアクセスは可能ですが、当該入学試験の出願はできませんのでご注意ください。

ネット出願で、自分の漢字が無い場合はどうすればよいですか。
入力時に変換ができない漢字は、略字、あるいはカタカナで入力してください。受付の際、可能な限り修正いたします。

ネット出願で住所の文字数が足りずに入力しきれない時はどうすればよいですか。
入力する欄は2段あります。2段目までに使用しても不足する場合は、印刷した「Web志願票」に朱書きで加筆してください。

ネット出願で、 高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)合格として出願する場合、卒業年月と学科はどうすればよいですか。
卒業年月は合格した年月、学科は「その他」としてください。

ネット出願の入力ミスについて、修正はできますか。
STEP2の出願情報入力前であれば、入力画面上でご自身による修正が可能です。検定料支払後で、web志願票の郵送前であれば、修正箇所をご自身で朱書き訂正かつ訂正印を押してください。なお、受験する専攻・領域、あるいは入試種別・方式が間違っている場合は上記方法で修正できませんので、改めて最初から出願手続きを行ってください。

2件目以降の出願でも、都度出願登録しなければなりませんか。
受験する試験毎に出願登録は必要です。ただし、ネット出願には「追加申込」機能があります。前回出願したときの受付番号(12桁)、生年月日、メールアドレスを入力すれば、以前の氏名・住所等の個人情報に関する入力内容を利用することができます。※顔写真データは再度登録ください。

出願日以降に引っ越しますが、どの住所を入力した方が良いですか。
入力された住所に、受験票や合格通知・入学手続書類が送付されることになりますので、各種書類の受け取りができる住所を入力してください。

検定料の減額制度はありますか。
本学では受験生の経済的負担を少しでも軽減するために、検定料の減額制度を設けています。
検定料は30,000円ですが、以下の場合は15,000円になります。

・大学入試センター試験の県下を利用する入試
・異なった入試制度で複数回受験する場合の2件目以降
・一つの入試で、併願する場合の2件目以降
・本学園卒業(見込)の方
詳しくは「入試ガイド・問題集」等の減額制度について、をご確認ください。

なお、激甚災害被災者に対する特別措置として、検定料を免除する場合もあります。

芸術学部で一般入試(A日程)と一般入試(センター利用Ⅰ方式)とで異なる専攻・領域を併願することはできますか。
専門試験の日時が重複しない専攻・領域で併願が可能です。一般入試(センター利用Ⅱ方式)は、制限を受けません。
詳しくは、入学試験要項をご確認ください。

芸術学部で一般入試(A日程)と一般入試(センター利用Ⅰ方式)とで同じ専攻・領域を併願することはできますか。
併願可能です。同じ専攻・領域を受験する場合は、専門試験の得点を両方に使用します。

併願する場合、出願書類をひとつの封筒に入れてもよいですか。また、その際、調査書は何通必要でしょうか。
全ての書類を同一封筒に入れて出願できます。その場合、宛名シートは1枚だけ封筒に貼り、他は封筒に入れてください。使用する宛名シートはどれでも構いません。同一封筒に入れて出願する場合は調査書は1通で構いません。ただし、別々の封筒で出願する場合は、封筒ごとに調査書が必要になりますので、ご注意ください。

外国の学校を卒業しています。「調査書」が提出できない場合はどうすればよいですか。
卒業(見込み)証明書と成績証明書を提出してください。詳しくは、各種入学試験要項の出願書類の項目をご確認ください。

「web入学志願票」を印刷したところ、選択科目の欄が空白ですが、よいのでしょうか。
科目選択がある場合のみ、選択した科目名が表記されます。空欄の場合は、選択の必要な科目がない専攻ですので、そのまま提出ください。科目選択の有無は、入学試験要項をご確認ください。

提出する調査書や各種証明書類に、有効期限はあるのでしょうか。
提出する証明書類は、出願時より3ヶ月以内に発行されたもので提出してください。

ネット出願では、web上の手続を終えれば、出願完了となるのでしょうか。
web上で出願登録を完了後、必要な提出書類を郵送してください。詳しくは、ネット出願手順をご確認ください。

出願書類の差替えあるいは入れ忘れがある時はどうすればよいですか。
至急女子美入試センターまでご連絡をお願いします。

出願書類が届いているか確認したいのですが、どうすればよいですか。
出願書類は、簡易書留でお送りいただくことになっていますので、お手元にある、受領証に記載されている引受番号を参照し、ご自身で郵便局の郵便追跡サービスを利用して状況をご確認いただけます。個別確認には対応しかねる場合がありますことを予めご了承ください。

身体に障がいがありますが、受験はできますか?
本学では、障がい等のある方が受験・修学上不利になることがないよう必要な配慮を行っております。オープンキャンパスや進学説明会等を利用して、事前に本学キャンパスの施設・設備等を見学し、入学後の授業における具体的な配慮の内容についてご相談ください。なお、事前にご相談がなかった場合、受験・就学の際の対応が出来ないことがありますので、予めご了承ください。

芸術学部の特待生制度を希望しています。どうすればよいのですか。
芸術学部では、一般入学試験A日程の受験者のうち、特待生としてエントリーした方の中から特待生を決定します。出願情報を入力する際にエントリーしてください。詳しくは、一般入学試験要項をご確認ください。

大学で実施される、センター利用入試について教えてください。
大学でのセンター利用入試は2つの方式があります。「センター利用Ⅰ方式」は、本学の学力試験の代わりにセンター試験の結果を利用し、専門試験は学内で受験します。「センター利用Ⅱ方式」は、センター試験の結果のみを利用し、専門試験はありません。結果として利用する科目は専攻および利用方式によって異なりますので、詳しくは7月以降に公開される入学試験要項をご確認ください。

短大で実施される、センター利用入試について教えてください。
短大でのセンター利用入試はセンター試験の結果のみを利用し、専門試験はありません。結果として利用する科目の指定はありません。詳しくは7月以降に公開される一般入学試験要項(センター利用Ⅰ期、Ⅱ期)をご確認ください。

受験票はいつ届きますか。
受験票は受験される入学試験の出願締切日以降に発送します。

届いた受験票を確認したところ、誤りに気づきましたが、訂正できますか。
受験票にはwebで入力された内容が印字されています。出願先や選択科目などを変更することはできません。受験票の記載通りに受験ください。

見学を希望していますが、どうすればよいですか。
日曜・祝日を除き、事務時間内での見学を受け付けておりますので、入試センター(Tel:042-778-6123)までご連絡ください。入試期間や長期休業等入校を制限している場合もありますので、必ず事前にご確認ください。土曜日は対応する職員数が限られていますので、必ず事前にご連絡願います。なお、団体での見学を希望する場合、2週間以上前までにご連絡願います。個人、団体での見学を問わず、杉並キャンパスでは担当者が常駐しておりませんのでご注意ください。

大学院の入学を希望しています。教員と面談したい、またはメール等連絡先を教えて欲しいときはどうすれば良いですか。
教員個人の連絡先をお知らせすることはできませんので、4~10月に開催されるオープンキャンパスや入試説明会等を利用して、個別相談や作品講評等行ってください。その際、印刷した研究計画書とご自身の作品や作品ファイル等をご持参ください。なお、本学では入学試験に関する公平性保持のため、教員による今年度受験対象者への個別相談および作品講評は、例年10月に開催される学園祭最終日以降は行いません。