1. ホーム
  2. 女子美の教育
  3. 美術教育課程

美術教育課程

中学校

1年次 描く楽しさ、美術で遊ぶ(週4時間)

美術A
水彩画を描いたり陶芸で器を作ったり、さまざまな課題を通じて美術表現の楽しさと喜びを実感します。「美術が好き」という気持ちを大切にし、美術への関心を深めていきます。

2年次 驚きや感動から発見へ(週4時間)

美術B
いろいろな素材に触れ、新しい技法を学びながら創意工夫する力を身につけます。美術を通じて何かを発見し、描くこと、作ることの素晴らしさを体感します。

3年次 表現の多様性を知る(週4時間)

基礎絵画
卓上静物を水彩やデッサンで描き、ものの見方や描き方をしっかりと学びます。美術表現の基本となる形の描き方や構図の取り方の大切さを学び、これからの基礎力を養います。
基礎デザイン
色彩表現や立体制作を通して、造形性に対する興味を深めます。自分の身の回りに目を向け、いろいろなものが人の手によってデザインされていることに気づきます。制作意図や伝えたいことを自分の言葉で説明するプレゼンテーション能力を身につけ、高校からのデザイン教育に対応できる基礎力を養います。

高等学校

基礎実技
高校1年から3年までの三年間をかけて、美術の基礎となる描画力と造形力を「デッサン」と「工芸・立体」制作を通して強化します。「デッサン」では、鉛筆や木炭などの描画材の性質をよく知り、構図の取り方、明暗や質感表現を鍛え描く力を身につけます。「工芸・立体」制作では、陶・染・金属などの工芸分野のほか、粘土や石を使った立体制作を行い、表現の豊かさを楽しみながら造形力を養います。

1年次 美術の可能性を考える(週6時間+美術史1時間)

絵画Ⅰ
水彩画や油彩制作に取組み、本格的な絵画表現の多様性基礎を学んでいきます。表現の多様性を知り、自己の可能性を広げていきます。
デザインⅠ
平面構成や色彩について学びながらデザインの基礎を習得します。社会とデザインのつながりを知り、自己とデザインとの関わりを考えデザインの多様性を学びます。

2年次 表現の幅を広げる(週8時間)

絵画コース

絵画Ⅱ
絵画制作の基礎力を高めながら、油彩の技法や特質を深く学びます。美術史にも目を向け個々の独創性について考え、絵画表現の幅を広げます。

デザインコース

デザインⅡ
デザインの基礎力と技術力を発展させ、表現力の幅を広げます。社会におけるデザインの重要性を理解し、専門性を深めていきます。

3年次 将来に向かって(週10時間)

絵画コース

絵画Ⅲ
芸術の普遍性について日々の授業を通じて学んでいきます。将来に向けてより高度な表現を追及し、個々の世界観や独創性を活かした完成の高い卒業制作を目指します。

デザインコース

デザインⅢ
専門的なデザインワークを通し、創意に富む表現力や技術力を身につけます。自作のテーマやコンセプトを熟考し、完成度の高い卒業制作を目指します。
ページの上部へ