1. ホーム
  2. 女子美のキャリア・進路
  3. 卒業生の活躍
  4. 中島 凪

ジュエリーデザイナー
中島 凪NAKAJIMA Nagi

NAGI NAKAJIMAという自分のジュエリーブランドのデザイン、制作、販売まで全てを手がけています。その他、カスタムオーダー、リフォーム、ジュエリー展の企画等も行います。日本橋にあるスタジオ・ショールーム、ジュエリーデザインスクールでジュエリーデザイン・制作も教えています。

使う素材は、金、銀、アルミニウム、真珠、ダイアモンド、宝石、鼈甲、ガラスなど、主に自然が産み出した、たいへん希少で美しいものです。作りたい世界をイメージし、色や素材と金属を組み合せて形にして行きます。制作まで自分で行う場合、職人さんや工房に制作を依頼する場合など、制作方法もそれぞれです。材料から完成までの全てがたいへん細かく、精緻で根気のいる仕事ですが、出来上がったものは美しく、お客様に喜んでいただけることが喜びです。


大学卒業後、ランドスケープデザインの会社で空間・公共デザインに携わり、その後勧められてジュエリーを始めました。ジュエリーに関わるとは思ってもみませんでしたが、携わってみると奥の深い素晴らしい世界でした。ジュエリー単体は小さなものですが、展示空間、ディスプレイ、グラフィックデザインなども含め、全体を大きくとらえて進めて行かなければならないため、経験の上に今があります。

付属は高等学校から、美術を仕事にしたいと思い入学しました。文化全般にわたる美の価値観や表現の基礎は全て付属時代に吸収しました。いろいろな事をよく知っている友人たちの影響で、今も続く何よりの宝です。

のびのびと自由な気持ちで個性を思う存分発揮し、思ったことにチャレンジする精神は付属ならでは。女子美時代なくして今は無いと思います。

大学進学時は迷いましたが、わからないながら金属クラフトに進み今の仕事に繋がっています。

今の付属では、在学中に様々な素材や技術を経験でき素晴らしい環境だと思います。楽しいと思えれば自分に合った道なのではないでしょうか。どの道も何度か大きな転機があり、振り返るといろいろな経験が全て糧になり、その時々に考え、選んで来た事が独自の軌跡となり今に繋がると思います。

小さな一日を積み重ね続けるのが、難しく大切なことだと思います。思うようには進まず大変な事もありますが、思わぬ素晴らしい出会いもあります。新しい事にチャレンジしながら、いろいろな人に出会いながら、見たことのない世界に出会って行ければ素敵だと思います。

プロフィール

中島 凪 NAKAJIMA Nagi(ジュエリーデザイナー)

略歴

  • 1985年 女子美術大学付属高等学校卒業
  • 1989年 多摩美術大学立体デザイン科クラフトデザイン金属コース卒業
  • 1989- 1995年 ランドスケープデザイン会社勤務
  • 2003年 Nagi Nakajima Design Studio スタート
  • 2007- 2015年 多摩美術大学工芸学科金属コース非常勤講師
  • 2016年 Nagi Nakajima Design Studio and Schoolオープン

受賞・入選

  • 1999年 朝日現代クラフト展 奨励賞受賞 インターナショナル・ジュエリーコンペティション 3位入賞(ドイツ)
  • 2000年 2000日本ジュウリーアート展 大賞受賞
  • 2002年 Friredrich Becker Prize Finalist(ドイツ)
  • 2006年 (財)美術工芸振興佐藤基金 第23回淡水翁賞受賞

主な展覧会・展示会

  • 2001年 Contemporary Japanese Jewellery(Crafts Council Gallery他・イギリス)
  • 2006年 「ジュエリーの今:変貌のオブジェ」(国立近代美術館工芸館・東京)
  • 2010年 Ecrat de Mode Paris- Bijorhca (PARIS EXPO- Port de Versailles・フランス)
  • 2014年 NEW OLD SILVER GOLD- Inspiration Lab(INHORGENTA MUNICK 2014・ドイツ)
  • 2015年- 百貨店等でのリミテッドショップ

ページの上部へ