www.joshibi.ac.jp
令和3年2月3日
保健センター


学生の皆さんへ

新型コロナウイルスは、若年層が感染しても症状が軽い又は無いことも多く、気が付かずに感染を広げる要因の一つになっていると指摘されています。学生の皆さんも感染防止のため一人一人が感染予防の意識をしっかりと持ち、感染拡大のリスクを高める行動については十分に注意してください。また「罹患した」、「濃厚接触者に指定された」、「PCR検査を受検した」、「感染の疑いがある」等の場合には、感染拡大防止のため速やかな報告をお願いいたします。

1.新型コロナウイルス感染症罹患時及び罹患疑い等の連絡についてのお願い

新型コロナウイルス感染症に罹患された方は、氏名・メールアドレス・所属・学年・学科・学籍コード・連絡先電話番号・現在の状態、状況等を下記のフォームより、ご連絡いただきますようお願いします。
また、「濃厚接触者に指定された」、「PCR検査を受検した」、「感染の疑いがある」場合にも、所属する医務室に必ずご連絡をお願いします。

※上記フォームにて送信ができない場合は以下のメールアドレス(保健センター)に必要事項を  記入の上、送信してください。

◆罹患時その他の連絡先  
保健センター cchsc@venus.joshibi.jp

杉並キャンパス  医務室 
電話 03—5340—4571  メール mr-j@venus.joshibi.jp
相模原キャンパス 医務室 
電話 042—778—6734  メール mr-c@venus.joshibi.jp
 

2.『感染リスクが高まる「5つの場面」』の徹底した実践

(感染予防策の徹底・実践例)、飲酒を伴う懇親会、5人以上の会食、長時間の飲食、マスクなしでの会話、休憩時間に入ったときの気の緩みなどの場面の回避。学生寮やサークル活動での感染対策も同様に注意してください。
また、緊急事態宣言下においては、不要不急の外出を控え、自粛をお願いします。

3.検温・健康観察

体調に変わりがないか、日々チェックをお願いします。発熱または風邪症状がある場合は自宅で療養してください。規則正しい生活は抵抗力を向上させ、ウイルスの感染防止に有効です。早寝・早起き、十分な睡眠、栄養バランスのとれた食事、体力づくりなどを実践しましょう。

4.体調不良・発熱時の対応

次のいずれかの症状がある場合は、かかりつけ医か地域の身近な医療機関もしくは居住地の各種相談窓口にすぐに相談してください。
☆息苦しさ(呼吸困難)強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
☆重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
(※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患、透析を受けている、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている等

5.新型コロナウイルス感染症接触アプリCOCOAの活用について(推奨)

アプリをダウンロードし、活用してください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html