• 女子美で学びたい方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 一般・企業の方へ
  • 女子美について
  • 大学院・大学・短大
  • 入試について
  • 学生生活・進路・就職
  • 社会貢献・国際交流

イベント・展覧会情報詳細

イベント・展覧会情報に戻る
更新日: 2018.06.25

2018.07.04~2018.08.01
女子美術大学・ラフバラ大学交流展覧会 オリンピックと文化:過去・現在・未来・つながり

※画面端の矢印をクリックすると、写真がスライドします

OC相1
OC相2
OC相3
OC相4
OC相6
OC相7
OC相10
OC相11
OC相3
OC相3
概要
 
「スポーツ」と「アート」は、一見、つながりがないように思われます。しかし、スポーツの祭典であるオリンピックですが、近代オリンピックの初期においてスポーツとアートの競技として開催されていたのです。まったく畑違いの分野と思いがちな「スポーツとアート」にオリンピックのつながりがありました。
女子美術大学(日本)とラフバラ大学(イギリス)は、2010年に学術交流協定を締結し、これまで相互に学生の海外留学プログラム派遣と受け入れを行ってきました。
ラフバラ大学は総合大学であり美術学部もありますが、体育学部が有名であり、過去のオリンピックで金メダリストを多数輩出しています。現在の学長セバスチャン・コー卿も金メダリストです。2012年のロンドン大会では代表選手の強化練習場としてラフバラ大学のキャンパスの施設が利用されました。一方、女子美術大学は、2020オリンピック招致のためのロゴマークに学生の作品が採択されたことで、大学を挙げてオリンピック応援ムードが高まっていました。
このような経緯があり、両大学の交流の場面では、「オリンピック」がつながりのキーワードとなっていました。
両校の交流10周年を記念して、「スポーツとアートとオリンピック」をキーワードに両校の教員の交流の場として展覧会を企画しました。
両校の歴史を紐解いてみると、スポーツの名門であるラフバラ大学には輝かしい選手団の歴史があります。一方、女子美術大学ですが、調べてみると、オリンピックに貢献している教員学生などがいることがわかりました。
「スポーツとアート」「オリンピックと文化」をつながりのポイントとして、展覧会とシンポジウムを計画しました。デニス・リンダ(女子美術大学)先生とセルビー・アンドリュー(ラフバラ大学)先生が共同ディレクターとなり、展覧会を構成しました。
女子美術大学の芸術文化専攻の2年生、5名の学生が、1か月間のラフバラ大学での海外研修中に、展覧会出品アーティストに現地でインタビューをしてきました。その交流の成果をカタログの中で発表します。
さらに、両校の展覧会出品アーティストがペアを作り、インターネットを使って交流するプログラムを考え実践してみました。言葉の壁をどのように越え、交流できるか実験的な取り組みでした。初回であり教員同士が意思疎通を諮ることが困難ではありましたが、第一歩を踏み出すことが出来たと思います。2018年は東京で開催し、2019年はロンドンで展覧会を開催する予定です。
シンポジウムでは、コーディネーターである女子美術大学の原聖先生がオリンピックと文化について、3名のパネリストから意見を引き出します。
女子美術大学からは美術史の関直子先生が戦後日本におけるオリンピックと女性作家、とりわけ1964年の東京オリンピックを事例に報告します。ラフバラ大学からはポール・ウェルズ先生がアニメーションの専門家からの観点から、とくに2012年のロンドン・オリンピックを題材として、そのキャラクターやアニメ映画について語り、もう一人、スポーツ人類学が専門のデヴィッド・ハウ先生は、現在ではまったく忘れ去られていますが、20世紀前半には存在したオリンピックの芸術部門について、それが当初のオリンピックの目的の一つであったことを報告します。
イギリスと日本、文化の違いやオリンピックへの思いベースに、アーティストである両校の教員がスポーツ・アート・文化について考え、作品を生み出しました。展覧会を見た学生達や多くの方々が、オリンピックの過去をふりかえり、現在を認識して、未来のオリンピックを考える。そのような機会となることを願っています。
以上
 
展覧会
● 展覧会タイトル:女子美術大学・ラフバラ大学交流展覧会~オリンピックと文化:過去・現在・未来・つながり~
● 展覧会開催日時:2018年7月4日(水)~8月1日(水)10:00~17:00(入場16:30まで)
● 休館日:日曜日(7月15日は除く)
● 展覧会開催場所:女子美アートミュージアム(女子美術大学美術館) 
         〒252-8538神奈川県相模原市南区麻溝台1900
         ℡042-778-6801
● 入場無料
 
レセプション
● 展覧会レセプション:7月25日(水)18:00~
● 主催:女子美術大学/ラフハラ大学
● 共催:女子美術大学美術館
● 助成:公益財団法人野村財団
● 後援:相模原市/相模原市教育委員会/ブリティッシュ・カウンシル
● 共同ディレクター:女子美術大学教員 デニス リンダ
ラフバラ大学教員 セルビー アンドリュー
  
● 出展アーティスト
女子美術大学教員:
阿部大介
荒 姿寿
伊勢克也
デニス リンダ
林 規章
福士朋子
渡部直也
 
ラフバラ大学教員:
アキウォウォ ケリー
ウェルズ ポール
エイクマン ニック
ギャンブルシュウォーツ ポーラ + パラドゥ キャロル
ジョンソン リチャード
スタジオ オブ ライト
セルビー アンドリュー
ヤング ロレイン
 
シンポジウム
● シンポジウムタイトル:女子美術大学・ラフバラ大学リサーチシンポジウム~オリンピックと文化:過去・現在・未来・つながり~
● シンポジウム日時:2018年7月25日(水)15:00~18:00
● シンポジウム開催場所:女子美術大学相模原キャンパス10号館1階1011教室 
● シンポジウムコーディネーター:原 聖(女子美術大学)
● シンポジウムパネリスト:関 直子(女子美術大学) 
:ウェルズ ポール、ハウ デヴィッド(ラフバラ大学) 
 
アーティストトークリレー
7月24日(火):13:20~14:50
阿部大介/スタジオ オブ ライト/荒 姿寿/福士朋子/デニス リンダ
7月27日(金):
セルビー アンドリュー/渡部直也/ウェルズ ポール/伊勢克也/林 規章

 
Press Release
 
Outline
 
‘Sports’ and ‘Art’ have seemingly no connection with each other. However, in the early years, of the modern Olympic Games competitions for artistic categories were held as well as sports events. Though ‘Sports’ and ‘Art’ are considered to be in different fields, there was a connection through the medium of the Olympic Games.
 
Joshibi University of Art and Design (Japan) and Loughborough University (UK) formed academic exchange agreements with each other in 2010, and the two institutions have engaged in student exchange study-abroad programs since then.
 
Loughborough University is a comprehensive university, which includes a School of the Arts, and has gained renown for the School of Sport, Exercise and Health Sciences. They have produced many gold medalists in past Olympic Games; one of whom is the current Chancellor Lord Sebastian COE. During 2012 London Olympics, facilities in the Loughborough University campus were used as the training center for Team GB. Meanwhile, in Joshibi University, as the emblem for the bid to host the 2020 Olympic Games designed by a student was adopted, there has been a sense of passion to support the Olympics throughout the university.
 
Owing to these common circumstances between universities, the ‘Olympics’ became a keyword to connect us in faculty interchange.
 
Commemorating the 10th anniversary of exchanges between two universities, this exhibition is planned as a platform for academic exchange based on the keywords, ‘Sports, Art and Olympics’.
 
Looking at the history of two institutions, Loughborough, a prestigious university for sports, has sent out brilliant athletes to the Olympics. Meanwhile, Joshibi has proved to have academics and students who have also made contributions to the Olympics.
 
Setting ‘Sports and Art’ and ‘Olympics and Culture’ as points of intersection, an exhibition and a symposium are being held. Academic faculty, Associate Professor Linda DENNIS from Joshibi University and Associate Dean Andrew SELBY from Loughborough University, have been working together as co-directors to develop the exhibition.
 
Five 2nd year students of the Concentration in Art and Culture of the Departments of Fine Arts in Joshibi University conducted interviews at Loughborough University with a number of the exhibiting artists during a one-month overseas art study trip. The results of the interviews are to be included in the exhibition catalogue.
 
In addition, artist pairs were formed between the exhibiting artists of both universities and a program to communicate with one another using the internet was carried out. It was an experimental attempt to see how artists could communicate with each other by overcoming language barriers. As this was the first time, there were difficulties in achieving good communication, but these initial steps bode well for the future. The first part of the exhibition is held in Tokyo this year, with the second iteration in London in 2019.
 
At the symposium, Professor HARA Kiyoshi of Joshibi University will draw opinions from three panelists on the topic of ‘Olympics and Culture’.
 
From Joshibi University, Professor SEKI Naoko, specializing in the History of Art, gives a report about the Olympics in postwar Japan and female artists, using examples in relation to the 1964 Tokyo Olympic Games. From Loughborough University, Professor Paul WELLS speaks about characters and animated films from the perspective of animation specialists, especially regarding the London Olympic Games of 2012. And Dr. David HOWE, specializing in sports anthropology, reports on the Olympic Arts category of the first half of the 20th century, almost completely forgotten at the present time, with emphasis that it was one of the objectives of the modern Olympic Games.
 
Contemplating sports, art, and culture based on differences between UK and Japanese culture and thoughts regarding the Olympic Games, academics of both universities have produced artworks. We hope this joint exhibition will be an opportunity for students and many other people to look back the history of past Olympic Games, recognize the present status, and think about the future.
 
 
EXHIBITION
● Title:Joint Exhibition of Joshibi University of Art and Design, and Loughborough University: Olympics and Culture - Tracings, Projections, and Intersections
● Dates: 4th July – 1st August 2018, 10:00~17:00 (last entry by 16:30)
● Closed: Sundays (except July 15th)
● Location: Joshibi Art Museum, Sagamihara Campus, Joshibi University of Art and Design
1900 Asamizodai, Minami-ku, Sagamihara-city, Kanagawa, Japan, 252-8538
Tel. 042-778-6801
● Free entrance
 
RECEPTION
● Date: 25th July 2018, 18:00~
● Organization: Joshibi University of Art and Design / Loughborough University
● Co-Organization: Joshibi University of Art and Design Art Museum
● Assistance: Nomura Foundation
● Sponsorship: Sagamihara City / Sagamihara City Board of Education / British Council
● Co-Directors: DENNIS Linda (Joshibi University of Art and Design)
SELBY Andrew (Loughborough University)
 
● Exhibitors:
Joshibi University of Art and Design:
ABE Daisuke
ARA Shizu
ISE Katsuya
DENNIS Linda
HAYASHI Noriaki
FUKUSHI Tomoko
WATABE Naoya
 
Loughborough University:
AKIWOWO Kerri
WELLS Paul
AIKMAN Nick
GAMBLE-SCHWARZ Paula + PAIRAUDEAU Carol
JOHNSON Richard
Studio of Light
SELBY Andrew
YOUNG Lorraine
 
SYMPOSIUM
● Title: Research Symposium of Joshibi University of Art and Design, and Loughborough University: Olympics and Culture - Tracings, Projections, and Intersections
● Date:25th July 2018, 15:00~18:00
● Location: Room 1011, 1st Floor, 10th Building, Sagamihara Campus, Joshibi University of Art and Design
● Symposium Coordinator: HARA Kiyoshi (Joshibi University of Art and Design)
● Symposium Panelists: SEKI Naoko(Joshibi University of Art and Design)
                       WELLS Paul / HOWE David (Loughborough University)
 
ARTIST TALK RELAYS
● Date: 24th July, 13:20~14:50
ABE Daisuke / Studio of Light / ARA Shizu / FUKUSHI Tomoko / DENNIS Linda
● Date: 27th July, 13:20~14:50
SELBY Andrew / WATABE Naoya / WELLS Paul / ISE Katsuya / HAYASHI Noriaki