• 女子美で学びたい方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 一般・企業の方へ
  • 女子美について
  • 大学院・大学・短大
  • 入試について
  • 学生生活・進路・就職
  • 社会貢献・国際交流

大学院で学べる科目

大学院・大学・短大へ戻る

博士後期課程

造形研究計画演習

自らの研究計画の基本的枠組みを立案することを目的とする科目群です。
主任指導教員を中心として複数教員が担当し、個々の学生のそれまでの研究成果に応じて計画の立案を指導します。

造形理論特別研究

理論研究の方法論を修得することを目的とした科目群です。
国内外の文献研究や実証研究の方法論について、美術・デザイン・芸術文化の3分野において基本となる内容を研究します。

特殊研究

特定分野について、より深く体系的に研究することを目的とする科目群です。

研究指導

各学生の研究テーマに応じて博士論文作成と修了制作(実技系分野のみ)を行う科目群です。
自立した創造性豊かな研究者・制作者・指導的専門家として研究活動を継続展開させていく能力を身につけることを目的としています。

博士前期課程

研究指導科目

2年間一貫した実技又は演習形式の指導体制をとり、自己の研究課題の設定に基づいて修士作品または修士論文への取組み、完成に向け指導を行います。

共通実技科目

研究課題に応じて他研究領域の実技を研究し、新しい芸術感性と幅広い視野でアプローチできる作家・研究者を養成します。

関連演習科目

各研究領域の基本となる技法、分析方法等の研究を行う科目を開設。
多様なアプローチを習得し、専門領域に関する知識を深め、各自の研究テーマへと関連づけていく科目群です。

共通理論科目

全専攻にわたって美術・デザインに関する理論的基礎を習得させるとともに、各研究領域を超えて自由な発想と分野横断的かつ複合的視野の養成を図ることを目的として開設しています。