• 女子美で学びたい方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 一般・企業の方へ
  • 女子美について
  • 大学院・大学・短大
  • 入試について
  • 学生生活・進路・就職
  • 社会貢献・国際交流

芸術学部へ戻る

アート・デザイン表現学科 アートプロデュース表現領域

アート・デザイン表現学科 アートプロデュース表現領域

優れたアートを、世に広めるために。

オーディエンスがいて初めて成立するアートの世界。

アートプロデュース表現領域では、観る側の立場から、美術、音楽、演劇、映像といった、
さまざまなアートのプロデュース術を探求します。

優れたアートには、人を幸せにする力が秘められています。
そんな作品を、世界に向けて広く発信することは、世界中に、たくさんの幸せを生み出していく行為といえます。
さながらアートによる社会貢献ともいえるでしょう。

ここで大切にするのは自由な発想と、その発想をもってアートを広げる術を編み出すこと。
総合的なアートイベントを実現できるアートプロデューサー、キュレーターになる力を会得することが、ここでの目標です。

  • 教員紹介
  • 入試要項
  • アート・デザイン表現学科ウェブサイト
  • アートプロデュース表現領域研究室ウェブサイト

カリキュラム

1年次

アートプロデュースの基礎力を養う。

アーティストの視点、アート作品への理解を深めることを目的として、美術に関する基礎的な理論を学びます。ならびに実技にも挑みます。あわせて本領域の根幹をなす、アートをプロデュースするのに必要な基礎知識も習得。美術館、学芸員、ディレクターの役割と、その可能性についても考察していきます。

Image
2年次

幅広いアートに触れ、さまざまなプロデュース術を知る。

美術をはじめ、音楽、演劇、映像といった、さまざまな表現に触れ、アートプロデュースに関連する理論や技術を吸収します。また、さまざまな分野で出会ったプロデュース手法を組み合わせることで、新たなプロデュース方法を探求。既成概念にとらわれず、広くアートに触れていくことが、この年次での目標です。

Image
3年次

イベント制作を通じて、実践的な力を養う。

ここまでで身につけた理論や技術をもとにして、アートイベント、コンサート、公演などを企画。これを形にすることを通じて、実践的な力を養います。ここでは発想力や企画力だけでなく、イベント関係者などと協働するのに必要なプレゼンテーション能力や、ファシリテーション能力も身につけます。

Image
4年次

作家と作品を、より魅力的に伝える術を探求する。

3年次までに学んだすべてのこと、すべての経験を踏まえ、学生が主体となって展覧会を企画します。ほかにも、他領域の学生と展覧会を企画するなど、領域を超えたコラボレーションを実践。アーティストと社会の架け橋として、作家と作品をより魅力的に伝える術を探っていける人材をめざします。

Image

卒業後の進路

美術館学芸員(キュレーター)、アートプロデューサー、アートディレクター、デザイナー、音楽関連企業、映画関係企業、学校教員、編集者など。