• 女子美で学びたい方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 一般・企業の方へ
  • 女子美について
  • 大学院・大学・短大
  • 入試について
  • 学生生活・進路・就職
  • 社会貢献・国際交流

芸術学部へ戻る

デザイン・工芸学科 環境デザイン専攻

デザイン・工芸学科 環境デザイン専攻

家具から都市まで、あらゆる環境をテーマに。

インテリア、照明、ウィンドウディスプレイ、ガーデン、パブリックスペース、建築。

人間が創り出した空間も、それを取りかこむ自然も、すべては「環境」です。
本専攻では「人間と空間」「空間と自然」「自然と人間」の関係をていねいに紐解きながら、
そこに点在する物事を探求する力を養います。

なかでも本専攻の特徴といえるのは、一人ひとりの志望にあわせて、柔軟に選択できるカリキュラムがあること。
家具デザインから都市デザインまで、あらゆる領域で専門性を究めていける自由があります。

その上で目標とするのは、企画力、実戦力、プレゼンテーション能力といった、即戦力にふさわしい力を身につけること。
ここには社会に目を向けた学びの機会が、豊富に用意されています。

  • 教員紹介
  • 学生作品
  • 入試要項

環境デザイン研究室ウェブサイト

カリキュラム

1年次

環境デザインに必須の力を養う。

環境デザインに臨む上で基礎となる、平面、立体、空間を扱う力を、課題を通して養うとともに、そこでの発想力を高めます。同時に、デザイン・工芸学科全体の領域から、自由に授業を履修。「色彩計画」「コンピュータプレゼン」といったデザイナーに必須の知識を吸収し、スキルの向上に努めます。

Image
2年次

家具、ディスプレイ、ショップをデザインする。

家具、ディスプレイ、庭、ショップをデザインする課題を通じて、環境デザイナーが手がける領域「インテリア」「建築」「外部空間」のデザインを習得。図面の作成からモデル制作まで、すべてを自分で手がける過程では、さまざまな材料にも親しみます。同時に、各デザインに適したプレゼンテーション手法も身につけます。

Image
3年次

住宅、商業施設、街路景観をデザインする。

2年次までで固めた基礎を土台に、専門性を高めていくのが3年次。住宅、商業施設、街路景観をデザインする課題に取り組みます。キャンパスでの学習のほかにも、環境デザイン関連企業でのインターンシップも実施。社会で求められるデザインに直に触れることで、実務能力の向上をはかります。

Image
4年次

専門領域を決定し、卒業制作に臨む。

それぞれの専門領域にわかれた研究室で、ゼミ形式の授業に臨みます。前期は、卒業制作へとつながる課題に取り組みながら、自らが今後追求していきたいテーマを模索。後期に入るとテーマをひとつに決定します。以後、ゼミでの講評を繰り返しながら、卒業制作を完成へと導いていきます。

Image

卒業後の進路

家具デザイナー、照明デザイナー、ディスプレイデザイナー、インテリアデザイナー、インテリアコーディネーター、建築デザイナー、ガーデンデザイナー、景観デザイナー、都市デザイナー、教員、研究者など。