• 女子美で学びたい方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 一般・企業の方へ
  • 女子美について
  • 大学院・大学・短大
  • 入試について
  • 学生生活・進路・就職
  • 社会貢献・国際交流

芸術学部へ戻る

デザイン・工芸学科 工芸専攻

デザイン・工芸学科 工芸専攻

伝統の継承と、現代の創作を両輪に。

人の心や、生活を、豊かなものに。
人の手先から生まれる造形芸術「工芸」には、そんな力が秘められています。

染、織、刺繍、陶、ガラスを舞台に繰り広げられるここでの創作に求められるものは大きく3つ。
現代に通用する発想力、伝統に根ざした技術と知識、そして発想を形へと導いていける力です。

たくさんの実践を通じて、これらを究めていく過程では、自らの手で根気よく形にしていくことの意義も学びます。
また本専攻では、デザイン力を養うことにも重点を。
それは伝統工芸を現代の創作へと昇華させる推進力になります。

次世代の工芸の担い手にとって、伝統と革新は両輪です。
そんなスタンスで、創作を日々とする創り手を育てること。
それこそが本専攻の目標とするところです。

  • 教員紹介
  • 学生作品
  • 入試要項
  • 工芸研究室ウェブサイト

カリキュラム

1年次

 5つの素材の性質を学ぶ。

染、織、刺繍、陶、ガラス。5つの分野の素材に触れながら、その特徴を理解することが1年次のスタートラインです。これら素材を使用した制作は、終始一貫してひとりで手がけます。それによって、色彩、形態、質感といった、素材の性質を生かしながら表現する術を身につけていきます。

Image
2年次

コースを選択し、専門性を高める。

「テキスタイル」「陶・ガラス」いずれかのコースで、専門性を高めます。「テキスタイルコース」では、型紙捺染(なっせん)や絞り染、繊維による立体造形、日本刺繍などを、「陶・ガラスコース」では、ろくろ、手びねり、吹きガラス、キルンワークなどの造形方法を習得。これら技術を、現代の創作に生かす術もあわせて学びます。

Image
3年次

作家、デザイナーとしての意識を高める。

染、織、刺繍、陶、ガラス、それぞれのコースにわかれ、さらに専門性を高めるのが3年次。ここでは時間をかけて知識と技術を積み重ねながら、ひとつの分野でより深い創作を実践。作家、デザイナーとしての意識を高めます。4年次の卒業制作に向けて、自己表現の術を確立することも目標となります。

Image
4年次

プロとして活動できる能力を身につける。

社会と接点を持つことのできる作品を生み出すこと、および作家として活動していく能力を身につけることが、4年次での目標です。卒業制作では高い専門性を持った複数の教員が、さまざまな視点から指導を行います。多様なものの見方に触れ、自由で新しい表現を展開する術を、見いだしていきます。

Image

卒業後の進路

デザイナー(テキスタイル、ジュエリー、ファッション、プロダクト、ディスプレイ、舞台衣装、インテリア雑貨)、染織作家、刺繍作家、陶芸家、ガラス造形作家、工房インストラクター、舞台美術関係、保存修復家、商品企画、プランナー、教員、進学(大学院、留学)など。