• 女子美で学びたい方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 一般・企業の方へ
  • 女子美について
  • 大学院・大学・短大
  • 入試について
  • 学生生活・進路・就職
  • 社会貢献・国際交流

在学生・卒業生への奨励制度

学生生活・進路・就職へ戻る

  • 100周年記念大村女子募金
  • 奨励賞制度
  • 学外活動支援制度

本学では、在学生・卒業生の制作・研究活動を支援する制度を設けています。なかでも、卒業生を対象とした女子美パリ賞・ミラノ賞では、受賞者はそれぞれ1年間現地に派遣されます。

100周年記念大村女子募金

女子美術大学創立 100 周年を記念し、大村智名誉理事長夫妻からの寄付をもとに、文子夫人の名前を冠して創設した基金です。 卒業生・在校生の制作・研究など芸術活動の奨励、アーティストおよび研究者の育成を主な目的とした褒章事業をおこなっています。

女子美パリ賞

大学院(含在学生)・大学・短大卒業生を対象として国際的なアーティスト・研究者の育成を目的とした賞で、 毎年受賞者をパリにある「国際芸術都市」に研究員として派遣します。
芸術都市はフランス政府およびパリ市の援助により設立された施設で、世界約 40 カ国から多分野にわたるアーティスト、 研究者が 300 名近く滞在し、交流を持ちながら活動しています。
年 1 回募集をおこない、受賞者を選考しています。副賞として制作・研究奨励金が授与されます。

■平成27年度 第16回受賞者

Image

音羽晴佳
平成21年3月 短期大学部 造形学科 卒業
平成23年3月 芸術学部 絵画学科 洋画専攻 卒業
作品タイトル:包むように遮って、守るように、静かに閉じ込める。

女子美ミラノ賞

女子美ミラノ賞は、大学院(修了見込み生を含む)、大学、短大卒業生を対象として、ミラノやその周辺都市の文化・芸術に関する理解や制作・研究活動の場を 提供することにより、 未来への可能性を期待できる国際的なアーティスト・デザイナー・研究者の育成を図ることを目的とした賞です。
受賞者には、ミラノの本学借り上げマンションの 1 年間の貸与と、副賞が授与されます。 平成 19 年度に在学生を対象とした賞として新設され、 平成22年度より大学院・大学・短大の卒業生を対象とした賞となり、派遣期間も 1 年間に延長されました。 年 1 回募集を行い、受賞者を選考しています。

■平成28年度 第10回受賞者

Image

春草絵未
平成14年3月 芸術学部 絵画学科 日本画専攻 卒業
作品タイトル:Loop in the air
91×116.7cm / oil and oil pastel

女子美 制作・研究奨励賞


■平成27年度 第15回受賞者

Image

柴田有子
平成9年3月 芸術学部 絵画科 洋画専攻 卒業
作品タイトル:スカートの夢 15-06
53.0×53.0cm(S10) / acrylic on canvas / 2015 

Image

沼尾めぐみ
平成20年3月 芸術学部 工芸学科 卒業
平成22年3月 大学院 美術研究科 デザイン専攻 修士課程        ヒーリング研究領域 修了
作品タイトル:光
8m×2.5m 内にパーツ123枚 / 鳥山和紙、草木染、棉の殻

Image

長沢郁美
平成16年3月 芸術学部 絵画学科 洋画専攻 卒業
平成18年3月 大学院 美術研究科 美術専攻 修士課程          洋画研究領域 修了
作品タイトル:抱きしめてあげる
130×130cm / acrylic on canvas

女子美美術奨励賞

■平成27年度 第14回受賞者

Image

劉 熠(リュウ イー)
大学院 美術研究科 美術専攻 修士課程 洋画研究領域 1年次在籍
作品タイトル:Another space series-1

Image

韓 幗(カン カク)
大学院 美術研究科 デザイン専攻 修士課程 視覚造形研究領域 2年次在籍
作品タイトル:料理から○○へ

Image

朴 惠辰(パク ヘジン)
芸術学部 デザイン・工芸学科 ヴィジュアルデザイン専攻 4年次在籍
作品タイトル:アルファベット

大村特別賞

■ 平成27年度受賞者

・『刺繍をまなぶ』展プロジェクト
  女子美術大学同窓会
・「第51回全日本書初め大展覧会」「第23回国際高校生選抜書道展 書の甲子園」受賞者
  女子美術大学付属高等学校 伊藤 澄玲(3年在学時)、佐塚 恵奈(3年在学時)、齋藤 摂子教諭
・「第15回全国高等学校ファッション選手権大会 ファッション甲子園」優勝者
  女子美術大学付属高等学校3年 池田 安李、木下 まこ 

韮崎大村美術館賞

■平成26年度 第1回受賞者

Image

石井文音
平成24年3月 芸術学部 立体アート学科 卒業
平成26年3月 大学院 美術研究科 美術専攻 修士課程 立体芸術研究領域 修了
作品タイトル:Systematic
160.0×90.0×90.0cm

PAGE TOP

奨励賞制度

女子美では、学生の積極的な創作と研究活動を支援するさまざまな賞を設けています。

女子美奨励賞(大・短)

大学 2・3 年次および短大 2 年次に在学する成績優秀な学生に授与されます。
[副賞]制作・研究奨励金 1 万円

卒業制作賞・卒業研究賞(大・短)

卒業制作および卒業研究が特に優秀な学生に授与されます。
[副賞]記念品

優秀作品賞・優秀研究賞(大・短)

卒業制作および卒業研究が優秀な学生に授与されます。

女子美術大学美術館賞(院・大・短)

修了制作および卒業制作が優秀な学生に授与され、その作品の画像データが美術館に収蔵されます。
[副賞]制作・研究奨励金 1 万円

女子美術大学美術館収蔵作品賞(院・大・短)

女子美術大学美術館賞受賞者の中から選ばれた作品が美術館に収蔵されます。
[副賞]制作・研究奨励金 10 万円

加藤成之記念賞(院・大・短)

故 加藤成之理事長・学長の業績を記念した賞。
大学院の修了時または大学・短大の卒業時に総代となった学生に授与されます。
[副賞]記念品

福沢一郎賞(院)

本学名誉教授の故 福沢一郎画伯の業績を記念した賞。
大学院美術研究科の洋画および版画研究領域を対象とし,在学中の作品が優秀な院生に授与されます。
[副賞]制作・研究奨励金 5 万円

大久保婦久子賞(院)

本学卒業生で文化勲章受章者の故 大久保婦久子氏の業績を記念した賞。
大学院美術研究科修士課程の学生で作品などの優秀な学生に授与されます。
[副賞]制作・研究奨励金 10 万円

PAGE TOP

学外活動支援制度

本学では、学生主体で学外で社会貢献活動や展覧会をおこなう場合、目的や成果によって大学が費用の一部を支援する「ボランティア・社会貢献および学外展覧会支援制度」を設けています。
支援金は最高 10 万円としていますが、金額は活動内容と全体経費を考慮した上で決定します。