• 女子美で学びたい方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 一般・企業の方へ
  • 女子美について
  • 大学院・大学・短大
  • 入試について
  • 学生生活・進路・就職
  • 社会貢献・国際交流

イベント・展覧会情報詳細

美術館・ギャラリーに戻る
更新日: 2013.04.05

2013.04.06
アニメーションの世界展 -こどもとおとなをつなぐアート-

アニメーションの世界展
―こどもとおとなをつなぐアート―
 
ラテン語の anima(アニマ) を語源とする animation(アニメーション) とは ゛生き生きとさせる゛ という意味を示す言葉です。 生命のないものに生命を吹き込み、生き生きとしたアニメーションを世に送り出してきた女子美術大学同窓生の作品をご覧ください。子どもの心を持った大人と、大人になりたい子どもの心をつなぐ、夢を叶えるようなアニメーションアートの世界です。


<会期>
2013年4月6日(土)~6月9日(日)
休館日:火曜日
 
<開催時間>
10:00~17:00
(入館は16:30まで)
 
■作品上映
4月20日(土) 「女子美生のアニメーション①」「布団」15:30
    27日(土) 「鉄腕アトム」「リボンの騎士」11:00/15:30
  28日(日) 「ナッチョとポム」「ペオ ギャラリー」11:00/15:30
5月11日(土) 「ピカドン」「琉球王国-MADE IN OKINAWA-」15:30
    18日(土) 「ピカドン」「最後の空襲 くまがや」15:30
    26日(日) 「世界のアニメーション」11:00/15:30
6月 2日(日)  「女子美生のアニメーション②」11:00/15:30
 
■講演会 ※要申し込み
5月22日(水) 15:00~17:00(作品上映含む)
定員100名
講師 佐伯俊男 (絵師)
   水尻自子 (アニメーション作家、第14回広島国際アニメーションフェスティバル「木下蓮三賞」受賞、
                            文化庁メディア芸術祭アニメーション部門新人賞受賞)
      木下小夜子(アニメーション作家/プロデューサー、
                            広島国際アニメーションフェスティバルディレクター)
 
■ワークショップ ※要申し込み
「アニメーションをつくってみよう!」
5月5日(日) こどもの日
14:00~15:00 所要時間は30分程度
定員 20名
費用 300円
内容  アニメーションの起源となった装置のひとつ「驚き盤」でアニメーションの仕組みを体験しよう。

<お申込み・お問い合わせ>
女子美アートミュージアム
tel:042-778-6801
fax:042-778-6815
E-mail:bsk@venus.joshibi.jp